2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ろくでなし啄木・前楽in「シアターBRAVA!」
東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる
(石川啄木 一握の砂)


rokudenasi.jpg
「ろくでなし啄木」という舞台を観てきました。

作・演出 三谷幸喜

キャスト
石川一(啄木) 藤原竜也
テツ 中村勘太郎
トミ 吹石一恵


藤原君と勘太郎さんは大河ドラマ「新撰組」で共演してより親交が深い。
なんでも藤原君が三谷さんにお願いしてできた曲らしいです。
二人で飲んでは深夜に三谷さんに電話をしたらしい。
そして、曲を作るという確約を得てのち、藤原くんが会社を説得したとか。
三谷新撰組よりの思いが叶った念願の舞台だったのでしょうね。

三谷さんらしい破天荒な舞台でした。
スピード感のある台詞の応酬、2人の若い力がぶつかってスリリングな展開。
まさに実力も人気もある2人の役者が愛と友情と欲望を曝け出した好舞台です。
そこに吹石さん演じるトミが可憐なお色気も加味します。
吹石さんは初の舞台だったらしいけど、よくこの二人についていけたなと
つくづく思いました。いや、ついていくのは至難だったことでしょう。
綺麗な方なのは十分承知ですが、吹石さんてどうなんだろう?と少々不安で。
(ひどい!笑)
この舞台を機にもっともっと飛躍されるかもしれませんね。


嘘と真実を絡めたエロチックサスペンス仕立てとか。(濡れ場?シーンもあり)
東北のひなびた温泉宿が舞台になります。
女にも金にもだらしのない啄木とトミ、トミを思いながらも啄木を支えるテツ。
愛憎と金が絡む奇妙な三角関係のなか、啄木は二人に罠を仕掛けます。
襖ひとつで場面展開をし温泉宿で起きた事をそれぞれが謎解きをしていきます。
まだ東京の凱旋公演が残ってるらしいので端折りますが観客も凝視してないと
置いていかれそうになる三谷ワールドでした。

それにしても勘太郎さんはお父さんである勘三郎さんに瓜二つ。
台詞回しがそっくりで、本人は気づいておられるのでしょうかね。
血脈の摩訶不思議といったところです。
そして啄木が謎解きを科白するシーンの藤原君はまるで古畑任三郎なのです。
一緒に舞台を観たKちゃんと2代目古畑は藤原君でお願いしたいと言ったけど
考えたらそれは三谷さんの演出で藤原君に古畑を以って謎解きをさせたのだと
家に帰ってから気がついた大ボケな私。(笑
実力の2人の役者とそれに応えた度胸満点吹石さんの三位一体の舞台でした。


ここ「シアターBRAVA」は大阪城公園内にある大阪城ホールのすぐ傍にあり
大阪城公園駅から歩いていくと、すごい人出です。
おばちゃま方で溢れかえっていました。
きっと何かイベントやってるぞと思ってたら露店が沢山並んでて、氷川きよし
君のカンバッチとか、色紙とか売られていてようやく合点。

brava2.jpg

brava1.jpg
そう、このおばちゃま軍団は氷川きよし君を観にこられた方たちでした。
いっそここに混じってるほうが似合う歳になってきた訳で人事とは思えない。
60過ぎてもきよし君のカンバッチを買うなんて何と可愛いらしい。
私も含めて永遠に女性は乙女よね。(笑


izakaya1.jpg

hotel1.jpg
Kちゃんはチビちゃんをお母さんに預けて大阪に来たので、いつも通り2人で
ささやかな祝宴。金目鯛や鱈の白子食べたりして近況を報告し合いました。
この時泊まったのは新大阪にある大きなホテル。
いつも2人の時は狭苦しいツインで寝るんだけど、ここは広くて垢抜けてて
少し贅沢した一泊二日の観劇ツアーでした。
 

recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

楽しそうで、良かったですね♪
出ました、藤原君の舞台!!
相変わらずマメですね~。
藤原君を観に出かけるhalさんも缶バッチのおばさまと同じくかわいらしい乙女ちゃんですね!?
お友達と一緒にお泊まりして、飲んで話ができればとっても楽しいですよね!!
私と泊まりでは危険??かもしれませんが、いつか実現できれば…(笑)
三谷さんの新聞のコラムで、
吹石さんが舞台初ながら演技中は大女優の風格、
でも演技じゃなくなると舞台初心者まるだし&天然キャラ
って書いていらっしゃいました。
きっといい舞台になるんだろうなぁと思ってましたが、
HALさんが三位一体と書いていらして、やっぱり~と思いました。

舞台って、映画と違って瞬間芸ですよね。
そんな分野で、実力・経験豊かな相手と組むのって、凄いプレッシャーだと思うんです。
それをいったいどんな努力で乗り切られたのか、
テレビで見る吹石さんを見る目が変わりそうです。
>annieさん
出ましたね。(笑
出不精が寒さで余計に人付き合いが悪くなり
誰かが音戸とってくれないと、なかなか足が
運べない昨今であります。(^∇^;
まあ、おばさま方と同類項ですね。

HAL友はあまり飲まなかったり、下戸が多いので
節制がきくのですが、annieさんとはアカンやろね。
付き合いいいしね、二人とも飲むのも食べるのも
大好きだしね。
二人で飲むときは腹をくくって挑まねばね。
バイオリズム考えながら。(笑
>kebaさん
ドラマ以外で見る吹石さんは本当に天然ぽくて
底抜けに明るく、はじけておりますよね。
かなりの別嬪さんなのに、そのキャラがたって
大丈夫か?啄木?っておばさま思いました。(笑

とにかく台詞が覚えられず、大変だったようです。
すごくスピード感がある舞台なので、初舞台が
これではさぞかし苦労されたと思いますが、
そこは持ち前の性格で乗り越えられたのでしょうね。
もう怖いものなしかもしれません。
公演は東京芸術劇場が皮切りでした。
大阪を経て凱旋公演として天王洲銀河劇場で
また2/17から行われるようです。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。