2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010 辛子明太子作り?
いきおい寒くなってきましたね。
先週は部屋の中では半袖で過ごしていたのが嘘のようです。
唇もカサカサしてきて、猫を抱けば静電気が起こり、すごく乾燥してます。
風邪やインフルエンザの予防に努めねばなりませんね。

偶然にも、いつも行かないスーパーで助惣鱈の子(生たらこ)を発見。
助惣鱈は11?2月頃が魚漁ですが、美味しくなるのは12月からの寒い時かな。
今頃の生たらこは未だ小さいのですが、新鮮なものが安かったので
2パック700gを買い求めました。

今季初めの[辛子明太子」作りです。
お手本があるというものの、何度も作ってきて数字だけでは仕上がらない
その辺のポイントも書いていこうと思います。
今季も頑張って、無添加の自家製辛子明太子作りスタートです。




mentaiko1.jpg

生たらこは大きければ大きいほど卵もプチプチして美味しいです。
でも、すっごく高いです。(笑
そこそこで折り合いをつけてください。(^∇^;

先ず、生のたらこは一晩いったん冷凍します。
アニサキス等の寄生虫を冷凍して死滅させるためです。
これは絶対不可欠の問題ですので、買ってきたら即冷凍室へ。

↑これは冷凍してから冷蔵庫内で解凍した画像です。



mentaiko2.jpg

塩をパラパラと振り、一時間ほど冷蔵庫で寝かせます。



mentaiko3.jpg

出てきた水分をキッチンペーパーで吸い取ります。



mentaiko4.jpg

水分を吸い取った後、下漬け用の日本酒で汚れを洗い、殺菌も兼ねます。


*下漬け用の調味液の分量

生たらこ(120g):日本酒170cc(120cc+加熱時の蒸発量50cc):塩30g
4:4:1の割合

私は700gの生たらこを使うので
生たらこ(700g):日本酒750cc(700cc+加熱時の蒸発量50cc):塩175g

生たらこを洗った日本酒を目の細かい網(ザル)等で濾してカスを取り除き
塩を加えて沸騰させます。更に弱火で5分加熱してアルコールを飛ばします。



mentaiko5.jpg

加熱後、ボウルに氷水を入れ、鍋ごと冷やします。



mentaiko6.jpg

最初に塩をふったので身が締まり、プリプリしてるのが分かるでしょうか?



mentaiko7.jpg

ファスナー付きポリ袋(ジップロップなど)に入れ、冷ました下漬け調味料を
注ぎ、しっかり密封して冷蔵庫で7?10時間漬けます。


「2010 辛子明太子作り?」へと続きます。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

今年も!
早速漬けていますね~。
こっち(東京)でたらこの生ってこんなたくさんの量で売っているのあまり見ない気がするんだけど、
ウチの近くのスーパーにないだけなのかしら?
面倒くさそう・・・と言うと、halさんはきっとそうでもないよ~と言いそうだけど、
いや、本当に手がかかっています。
もちろんそれだけに味は格別かしらね~♪
続きも楽しみにしています。
今年もこの季節になったんですね。
下漬けで塩をけっこう使うんですねー
ところで塩187gは700g(たらこ)ではなく750g(お酒)の1/4ですね。
たいした違いじゃありませんが(笑)
美味しく漬かりますように!
明太子
大好きですけど、自家製って~すごいね。
前にも魚屋のおじさんに「奥さん自分で明太子作るの?!」ってびっくりされてなかった?
ここまで記事を読んだだけで、当然のことながら「私には無理」(^^ゞ
HALさんのマメさというか、知識と実行力と器用さに感心するばかりです。
毎年漬けてられると、やっぱり季節を感じますね~
もう11月も半ば。
一年って早いね(^^;

何だか興味がわいてきました。

annieさんがおっしゃるように、こんなに入っているのってお魚屋さんでもあまりみかけませんね。
北海道から関東を飛び越えて関西圏に?ってなわけもないとは思いますので、小分けされてしまうのでしょうか・・。

やってみたいけどな~。
HALさんは本当にエライ!
>annieさん
去年は鶴橋で確かに生たらこ買ったんだけど、
結局バタバタしてアップできなかったみたい?
記憶もあやふやになってきたよ。(笑

こちらでもこんなに沢山入って売られてるのは
珍しいです。
鶴橋以外ではいつも小分けにしてるのを何パックか
買うのにね。

いやいや、やはり面倒~
勢いですね。そこに生たらこが売られていたから。(笑
鶴橋の大きい生たらこで作った時はすごく美味しかった。
小さいのはツブ感があまりないのでイマイチかな?
今年こそもっと美味しいのをと思うんだけど。^^
>noriさん
あはは。ほんとだ!
瞬時に計算した?(笑
訂正しておきます。
この187gというのもいい加減に端折ってるんだけど。

いつも激辛になるので、今回はその辺をフォローしつつ
何とか及第点になるよう頑張ります。^^
>ちこさん
うんうん。魚売り場のおじさんに迫った時よね。
これ新鮮ですか?
生でも食べれますか?ってね。(笑

そう難しいことではないんだけど、やっぱり面倒よね。
魚売り場で遭遇したのがウンのつきみたいな。(笑
私もこの生たらこを見て、もうそんな季節なんだと
思いました。

本当に一年って早いよね。
ここ数年、駆け足で過ぎていくようです。
取り残すことが多くてアカンね。
>yurikoさん
こんなに大パックで売られてるのは珍しいですね。
買う人は煮付けて食べたりするんでしょうか?
こちらでも小分けにして売られてるのが通常ですね。
去年の鶴橋市場では要る分だけ詰めてくれました。

この基本の分量の120gなら手に入りやすいかもです。
でも、そのときは魚売り場の人に今日入荷したものか、
明太子作るから生食でも大丈夫かとしつこく聞いて下さい。
私はいつもしつこく聞いてます。(笑
それと、パックを手にとって匂うことも大事。
無臭なら新鮮なはずです。

て、危ない人みたいね。(^∇^;
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。