2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010自力味噌作り?完結編
今年の2月に味噌作りに挑戦したのを覚えて下さってる方がいるでしょうか。
それより8ヶ月。そろそろ熟成した頃と瓶を取り出してみました。
(寒い時期に仕込むと6?8ヶ月の熟成期間が要ります。)
覆いをとると味噌のいい香りがします。表面には味噌たまりができていました。
自分の手腕に懐疑的になりつつ仕込んだので、すごく感動的なフィナーレ。


2010miso2.jpg

この味噌たまりでお刺身を食べてみたいね。
右上のところにある白いものは味噌カビなので取り除きます。

最近、左リンクにある「飯綱にくらして」の風流人さんの奥さまと宮本輝氏の
「にぎやかな天地」に綴られる発酵食品について往復書簡のようにメールを
させていただいてたところでした。

肉眼では見えない物の存在を信じ、時間というものの持つ力を信じなければ
昔ながらの伝統と秘法を守って発酵食品を作り続けることはできない。
時間だけは短縮できない。長い時間を経て、全く逆のものへと変わることを
この小説に沈めたかった。 (にぎやかな天地のあとがきより)

人間関係も仕事も一足飛びでは構築できないということです。

当にこの言葉が脳裏をぐるぐると駆け巡ったのでありました。
長い時間を経て大豆と麹と塩が全く別のものへと変化しましたね。
(て、大層な・・笑)


2010miso6.jpg

2010miso3.jpg

そして上下をしっかりかき混ぜます。
暫く使う分だけを容器にとって冷蔵庫に保存します。
麹が再び元気になって味噌カビを作らないよう、瓶の味噌は表面を
平らにし、ラップを密着させてから覆いをし、冷暗所に戻します。
冷蔵庫に入れる方がいいのかもしれませんが、結構な量ですし
これから寒くなるので常温でいいでしょうね。


オリーブの実を嬉々としてと塩漬けする私に、主人がのたもうた。
「日本で育ったオリーブなんて所詮本場のものには適わない。」
あんたはイタリア人か?
つか、料理に入れたイタリア産の瓶詰めオリーブ残すくせにね。
そんな屁理屈はどうでもいいけど、私の創作意欲を必ずへし折る
似非イタリア人の主人も珍しく味噌を味見。
「いいんちゃうか?でも、もっとツブ感を残した方が良かったかもな。」
お義母さんが作る味噌はいつもツブツブがいっぱいでした。
三つ子の魂百までですわ。つか、言ってることが思いきし大和民族やわ。
たまには褒めてみいよ。(笑

旨みとコクが濃縮されて、自分が産んだ子なので愛しさプラスで
市販のものよりいい味だしてます。
いや、産みだしたのは宮本氏的に言うと長い時間と先人の知恵かな。
(今日はまとめようとするな。笑)


2010miso4.jpg

美味しいお味噌が手に入ったときの恒例の「きゅうり味噌」。
表面に味噌を擦り付けて暫く置いておくだけの単純さだけど、味噌の
旨みのみが勝負のお酒の肴。食べる時はざっと表面の味噌をとって。
更に一晩おくとお漬物代わりに。


2010miso5.jpg

お昼にシンプルに若布のお味噌汁を作って試食。
塩が勝ってるんじゃないかと思ってたけど、これもいい塩梅でした。

以上、「2010自力味噌作り」完結であります。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

あら偶然、うちの主人も「おじいちゃんの他人はイタリア人」などというわけわからんことを口走ります。
年取ったらナポリに帰るんだって。
ど~ぞ、帰れるもんなら帰ってみろ~~(笑)

お味噌、いいですね、おうちで作るとこんなふうなんですね。

目に見えないものの存在を信じる、ふむふむ。
頭の中でしばらく発酵させときたい、素敵な言葉ですね。
>kebaさん
ピザとパスタが好きな主人は、イタリア人のDNAが
入ってるかもしれないとかねがね言っておりました。
ピザとコーラが大好きなただのジャンキーなヤツだと
いうことを分かってないようです。

歳をとったら主人は何処に帰るんだろう?
多分、故郷の愛媛の森の中でしょうね。(笑

目に見えない存在=無数の微生物だったりする訳ですが
真摯に生きていれば、人としての付加価値がどんどん
増していくということでしょうか?

凄いですね~
なんか今回は「大作」と言う感じがします。
本当に最初の仕込みの時とは全く違うものが出来ていますものね~。不思議。
私はまだ無理かな~?でも、いずれ挑戦したいと思っています。
今年の梅干しのカビで結構凹んでいます。
元来慎重さと丁寧さは持ち合わせていないもので・・・大雑把&適当でも出来るものは得意なのですが(汗)
halさんの居酒屋でまた美味しそうなメニューが増えましたね。
「自家製味噌の・・・」なんて、すっごい!!!ですよ。
味噌
こんにちは。
手づくり味噌ですね~。味噌まで作るんだ!HALさん!
って、思って見ていましたが・・・もう食べられるのね。
その味噌だまりをつけた味噌おにぎり食べたな~。
香ばしいだろうね。
うおおおーー
美味しそうーーーー
うおおおおおーーーーー
>annieさん
材料さえ揃えばとっても簡単なんですよ。
美味しいお味噌は色々あるけど、作ることが
何だか図画工作みたいで楽しいよね。

梅干のカビはきっと誰も体験したことがあると思います。
うちの母ですらカビさせたことがありましたもん。
全ての道具は消毒すること。
干すまで漬けてる間は梅干が梅酢から飛び出さないこと。
多分、この二つを遵守すれば今度は大丈夫。

この間、友達にもう仕事飽きた~ていうと、
居酒屋やれと言われましたっけ。
それもマメに働かなければならないしね。(笑
ていうか、最近あまり料理らしきものしてないです。(^∇^;
>tomokeさん
味噌まで作ったんですよ。(笑
以外に簡単で面白かったです。

今度は大豆作って、自家製大豆で味噌作りなんて
どうですか?
tomokeさんには不可能なものはないようですよ。
憧れるな~自分ちで採れた大豆で味噌作りなんて。

味噌から上がった醤油はとても濃厚でした。
焼おにぎりなんていいかも!
>noriさん
おお~雄叫びありがとう!

調子にのって近所にばら撒きました。(笑
今度は違うもので仕込もうと密かに企んでます。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。