2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010オリーブの実の仕事初め?
土曜日も講義をとってる末娘のお弁当を作り終え、とっても気持ちが
いい朝なのでデジカメ持って散歩に出ました。
そうだ!あのたわわに実るオリーブの木の記念撮影をしておこうかと
少し足を伸ばしてみるとオリーブの木の下で花壇の手入れをする人が。
朝までの営業が終わり、どうもお掃除に来てるおばさんみたい。
チャ?ンス!

「すみません。ここの方ですか?」
「はい。」
「この実を少しいただいてもいいですか?」
「あ、オリーブの実?いいですよ。少しならね。」

この時点ですごく不審がられてるのが分かります。(笑
そうよね?朝のはよからいきなり。

「この実はいつも採ったりしないんですか?」
「そやね?落ちるだけやわ。私は少しもらって化粧水作るんよ。」
「オリーブの実で化粧水が作れるんですか?」

で、おばさんの薀蓄を暫し聞く。

去年柚子の種で化粧水を作った話とか、オリーブの塩漬けの仕方とか
オリーブの実を採りながら二人で色々と雑談していると、

「採れるだけとっていきや。またここを通る度に採ってもいいから。」
「他のお店の子にもちゃんと話しておくからね。」

袋持ってるの?と聞かれ、持ってないと言うと、わざわざお店まで
取りに行って渡してくれました。
おばさんも化粧水用に収穫。私も低い位置のものを背伸びして収穫。

通りに面しているので通りすがりの人が声をかけます。
爽やか系の若いお兄さんが立ち止まり、「これ何の実なんですか?」
「オリーブの実です。」と言うと、
「今、ハナミズキの実を見たところなんです。オリーブもこの時期に
実が生るんですね?すごいな?」と。 うちの木じゃないけどね。(笑

今度はおじさんが自転車を止め、「あんたカラオケ屋さんの人か?」
「いえ、カラオケ屋さんはあの方です。」と、おばさんを指差す。
「これ食べれるんか?」 「渋抜きして塩漬けするんです。」と言うと
ほらここにもある、あそこにも生ってる。
あの椅子を持ってきて採ったらいいと指南してくれる。(笑

おばさんは私は仕事の途中やから行くけど、何ぼでも採っていきやと
お店の中に戻っていきました。

頭上にはたわわに実ったオリーブが沢山あるけど、手も届かないので
いい加減にして家に戻りました。(写真撮り忘れてるやん・・)

最初は不審者やったのにね?優しくしてくれてありがとう。おばさん。
見知らぬ人と喋ったりする機会なんてないのに、これが自然の力かな。
早朝の楽しいひとこまでした。



2010olive8.jpg

2010olive6.jpg

で、収穫したオリーブの実。1キロと250グラム。
木が大きいと実も大きい。これでも今年は粒が小さいとおばさんが
言ってました。気候のせいやろな?って。
お店の対面にある2本のオリーブは品種が違うと思います。
マンザニロとネバティブランコかな?


2010olive10.jpg 2010olive9.jpg

一昨日載せたオリーブの実の渋抜きの状態。
苛性ソーダ水が真っ黒になっています。
一つを取り出して実を縦割りにして渋が抜けたか確認します。
果肉まで色が変わったら渋抜き完了。
オリーブの実は空気に触れると黒ずんでしまうので、落し蓋をしたまま
ホースを容器の底に入れ、水を溢れさせるようにして水を替えます。
これを一日に3回。2?3日繰り返して苛性ソーダ分をしっかり抜きます。
黒い水が出なくなったらいよいよ塩漬けです。


2010olive11.jpg

追記
今日収穫分を渋抜きしています。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡


スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

すごい、正面突破ですね
あたしのイメージは、ピンポンダッシュ風だったんだけどな(笑)

でも、素敵な会話でしたね、写真撮るの忘れちゃうのわかる気がします。
手が届くところに実が残ってなくても、
これからもお店の前を通るのが楽しみかな。
やったね~
HALさんやったね♪
言うてみるもんですね~
でもカラオケ屋さんのおばさんや通りすがりのおっちゃんのとてもやさしい世話焼き加減(笑)がいいですね。
人情味あるっていうか。。
カラオケオリーブ大漁大漁~ww
しかも大粒で綺麗です。

オリーブの渋抜きってすごく手間がかかるんですね。
びっくりしました。
美味しいオリーブって高いはずですね。
うらやましい~
私もよく梅やら、枇杷やら、ゴーヤやらよそのお宅のお庭にたわわに実っているのを指をくわえて見ているだけですのでHALさんのお話を聞いて(読んで)うらやましくって仕方がないです!!
それは大阪ならではかなぁ?東京ではあまりそういうの聞かない気がする・・・
でも、そういう人とのふれあいを感じると結構感動するよ。
美味しいのが出来るといいね。
オリーブ作るのやっぱり結構手間がかかりそうで・・・二の足踏んでしまうわ・・・
ラッキー。
こんにちは。
ラッキーでしたね。やっぱり話してみるもんですね。
そして話してるうちにどんどん話しの輪が広がって・・・。
何とも良い時間ですね。
都会って、周りとのお付き合いってどうなんだろう?と
思っていましたが、素敵だわ~。
オリーブ、またまた活躍しそうですね。
>kebaさん
遅レスコメごめんなさい。

正攻法でよかったでしょうか?^^
大通りに面してるので、ピンポンダッシュするには
危険かもしれません。

お兄さんのハナミズキ話はとても爽やかでした。
早朝散歩もなかなかいいものですね。
今度は赤く完熟するオリーブが見れそうですね。
ていうか、一回はここでカラオケせんとアカンかもね。
>ちこさん
遅レスコメごめんね。

偶然におばさんと遭遇したのはラッキーやったね。
此処で会ったが100年目ていうとこでしょうか。
最初はめちゃ警戒されてるのが分かりました。(笑
いつしかトーンが変わって行くのを感じました。
ほんまにおじちゃんは世話焼きで可笑しかったよ~

オリーブね、することは簡単なんだけど時間がかかって
面倒だったりします。
でもまあ、その過程が面白いよね。^^
>annieさん
そうそう、この間も何故か林檎が生っていて
ただ落ちていくだけなのを目撃して勿体無いな~て。

大阪ならではというより大阪のおばちゃんの成せる技かも
しれません。(笑
でも勇気はいったよ。

オリーブは渋抜きに時間がかかるけど、することは事態は
とても簡単で何の技もいりません。
今年はうまくいくかな?
>tomokeさん
ラッキーでしたね。
偶然の出会いに感謝です。
こんなに沢山作ってどうするのかって家族が言ってますが。

私の住んでる処は結構に下町なので忌憚のないのだけが
とりえで毎日ワイワイ賑やかです。
本当に都会に行くとあまり係わりがないかもしれませんね。

さて、うまく完成しますでしょうか。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナチュリエ スキンコンディショナー「ナチュリエ スキンコンディショナー」は、天然...
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。