2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚スペアリブのジンジャーエール煮
私がいつも覗く金沢のパン屋さんの日記にこう書かれてありました。

実はパン作りは難しくはありません。
かといって、初めて作ってもうまくいかなかったりしますが、
何度か練習するうちに、回数をこなせばきっと上手く焼けます。
時々、パン屋さんで自分の技術を自慢する人がいます。
あまり好きではありません。
自分は特別な技術を持っている、とか、
うちのバゲットはオーナーにしか作れない、とか。

そんなことははいのです。

パン屋の技術なんて、たいしたことないのです。

石川県には様々な工芸作家がいて、巨匠もたくさん現役でおられます。
彼らの仕事の技術に比べたら、パン屋の技術なんて・・・と思うのです。

バゲットは難しいと言われますが、どのパン屋に行ってもあります。
つまり、誰でも焼けるのです。

巨匠の作品は1つ25万円。
うちのバゲットは1つ250円。

それが適正価格です。

こつこつ、謙虚にやりましょう。



天然酵母の仕込みもその都度の気温を肌で感じながらされてます。
いい素材を活かすためにもっと勉強せねばと綴られていました。
私もパン作りなんて書いてある通りにすれば簡単だと思ってました。
いい小麦粉と天然酵母、あとはセンスと愛情?
あはは。これは奢りです。すごく頑張っておられるのに本当に謙虚ねと。

自分の持てる才能なんてどうってことないのよね。
その微塵の力も周りがあってこそ。
コツコツと訥々と、感謝の洪水で自分が溺れるほど謙虚にならねば。




Recchino1.jpg

久しぶりの我が家のオリーブ便り。

今年一番実をつけたのがベランダにあるレッチーノという品種のオリーブ。
この品種は割と真っ直ぐに伸びて姿が良く、受粉させるために買ったのですが
一番成績が良かったみたい。
でもね、実自体がとても小ぶりで、栄養が悪かったのか鉢が小さかったのか、
はたまたそういう品種なのか、あまり食べ応えがないかもね。


buranko1.jpg

玄関にあるネバティブランコ。(多分。笑)
以前に梅雨が来る前に花が咲いて良かったって書いた事があったと思いますが
そう書いた矢先に大雨が2日続き飛散した花粉を流してしまいました。
期待したより実は生りませんでしたね。


buranko2.jpg

既に色づいた実もありますが、もう少し総合的に黄緑色になってから収穫かな。
今年は巨大芋虫がつかなかったね?いやもう思い出すだけで怖いんだけど。(笑




Sparerib2.jpg

豚スペアリブのジンジャエール煮?ダッチオーブン編

すごく大きなスペアリブが安かった時に買って冷凍してたのですが、重い腰を
やっと上げて作ってみました。
元々は土屋氏が「ジンジャービア」なるもので作られていたのですが、探しても
近隣に置いてあるとこもないので、カナディアンクラブのジンジャーエールで
作ってみました。

*基本の分量
豚スペアリブ:5?6本
ジンジャー・ビア:1本(275ml)、もしくはジンジャーエール
水:1カップ程度
黒コショウ・塩:少々
リンゴ又はドライアップル:半個分


Sparerib1.jpg

?豚スペアリブに塩コショウをし、しばらくおいてなじませます。
塩コショウ以外の調味はしないので割りとしっかりと振る方がいいですね。

?鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ豚スペアリブの表面に焼き色をつけます。
私はダッチオーブンを使いましたが、鍋は密封性と保温性が高いもの、ルクや
ストーブなどの鋳物鍋がいいと思います。


?満遍なく焼き色をつけたら適当な大きさに切ったリンゴとジンジャービアを入れ
さらに肉が煮汁に浸るよう、1カップ程度の水を加えます。
私の買ったジンジャエールは500mlなので全て投入し、水は入れませんでした。

?火を弱火にし、フタをして40分?1時間ほど煮込みます。
途中煮汁がなくなりそうになったら、適宜水を少しずつ追加します。
出来上がったときに煮汁がなべ底に少し残るぐらいが理想です。

煮汁といっても鍋底には脂がいっぱい溜まります。
本レシピでは煮汁を煮詰めて絡めるとありますが捨ててしまった方がいいですね。
絡めなくても十分に美味しいです。
以前にリンゴジュースを使ったローストポークを作りましたが、豚とリンゴは
非常に相性がいいですね。これもまた優しい味に仕上がりました。
外はカリッと中は柔らかく、脂も抜けて程よい感じ。
ジンジャエールとりんごだけっていう簡単さも嬉しいですよね。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

HALさんのブログで
季節を感じたり、いろいろなことを教えてもらってる私です。
ダッチオーブンって言葉も知らなかったけど、HALさんに教えてもらったしね(^^ゞ
そうそう!去年の巨大青虫にはビックリしたわぁ~~;;

パン作りって私にとっては「難しい」のイメージです。
しっかり理解してキッチリやる、というヤル気と根気に欠けてるだけなんかも?(^^;
早い話がナマケモンなんですね~
涼しくなってきたし、ちょっとは元気になってきたので、そろそろ何かしなくっちゃ~と思ってます。
パン作り・・・
おはようございます。
上の分、とっても良いですね。
何だかそのお店のパンを食べたくなるような・・・。
奥が深いんだろけど、謙虚な店主に惹かれます。
確かに主婦でもそれなりのパンは、焼けますけどね。
パン屋さんのパンには、負けます~。

スペアリブ・・・照りが、とっても美味しそうです。
難しいですよね・・・
いろいろ考えちゃいました。
謙虚でいることって難しいですよね。
パン屋さんの言うことは良く分かりますが、自分の考えを強く出し過ぎるのって、他人を否定している=謙虚でないように聞こえる気がします。
ご自身にはいろいろこだわりがあるのでしょうけどね・・・
パンの技術もすごいですよ。
芸術作品なんて評価する人に左右されるものですから凄いと言えばすごいけど、興味ない人からしたら何の価値もなかったり・・・

私、スペアリブって作ったことないかも?!
ジンジャーエールも良さそうですよね。コーラやマーマレードて作っている人も時々見ます。
私も一度くらい挑戦してみようかなぁ?
>ちこさん
去年のギラギラしたのも怖かったし(><)
その前の20センチ芋虫も怖かった!
ああ、思い出しても寒気がする。(笑

>しっかり理解してキッチリやる、というヤル気と根気に欠けてるだけなんかも?

あ、それ私のことです。
このB型は波があって困ります。
涼しさに寒さが加わって一足飛びな感じですね。
言ってるあいだに寒くてやる気がないわ~って事に
ならないように私も頑張ります。
あとで遊びに行くね。
>tomokeさん
あ、そうそう。
食べてみたくなるパン屋さんなんです。
仕事ぶりを見ていると素敵だなと思います。

tomokeさんのパン作りも素敵です。
我が家もオーガニックの粉がドーンと届いたので
頑張らないと!
>annieさん
このパン屋さんはTV業界にいた方なんですよ。
何ゆえに転身されたのかは知らないんですが
いつも優しい文面で日記は綴られています。

パンなんて誰でも焼けると言われていますが、
きっと沢山の拘りを持っておられるのでしょう。

>スペアリブ
私もよくマーマレードで作ってましたね。
ジンジャービアがなかったので、ビールと生姜と
少しの甘みで作ってみようかと思ったんですが、
これはジンジャーエールで正解でした。
とても優しい味に仕上がりました。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。