2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空芯菜とレッドカレー
明日久しぶりに会う友達から昨日携帯にメールがありました。
しかも英語で・・・

The year's at the spring and day's at the morn morning's at seven.
The hillside's dew-pearled,the lark's on the wing,
the snail's on the thorn,God's in His heaven…
All's right with the world.
↑訳すと「蝸牛枝に這い。神、空に知らしめす。すべて世はこともなし。」上田敏訳



「蝸牛枝に這い。神、空に知らしめす。すべて世はこともなし。」

このブログのサブキャッチですが、イギリスの詩人ブラウニングの「春の朝」
という一節からとってあります。
で、私が元々ブラウニングを知ってたのかというとそうではありません。
このフレーズは外国人作家、日本人作家が好んで使ったという経緯があり
私の好きな作家の本にこのフレーズが登場したのをきっかけに調べてみると
まさにブラウニングの「春の朝」だったのです。

彼女は私のブログのキャッチを見て「赤毛のアン」ですか?とメールをくれたので
「赤毛のアン」にも出てくるの?と返しましたが、早速調べてみると「赤毛のアン」の
最後にアンがこのフレーズをそっと囁くとなっていました。

なるほどね・・・賢明な友達に感謝して・・・勉強になりました。

「春の朝」プチ知識の巻でした。




kusinsai2.jpg

生協から空芯菜が届いたのでいつもと違う炒め方を「こうちゃんレシピ」から
探してみました。(私のレシピブログにブックマークしてあります。)

チキンと空芯菜の中華炒め

材料(2?3人分)
鶏もも肉 1枚(半分にカットして1cm厚のそぎ切り・塩コショウで下味)
(私は鶏ムネ肉を使っています。)
空芯菜 1束(5?程度にカット)
サラダ油 大さじ1
(合わせ調味料)
粉末鶏ガラスープの素 小さじ2
オイスターソース 小さじ1
酒・水 各大さじ2
おろししょうが 少々
片栗粉 小さじ1

*作り方
サラダ油をひいたフライパンを熱して鶏肉を炒めます。
焼き色を付けながら完全に火を通しましょう。
鶏に火が通ったら空芯菜を加えてざっくりと油を回すように炒めます。
油が回ったら時間を置かず合わせ調味料を混ぜながら回しかけて炒めます。
全体にとろみがついて味が回ったら出来上がり。炒めすぎは禁物。

片栗粉も全部合わせてしまうので簡単ですね。
生姜の香りが立つ優しい味の空芯菜炒めになりました。



redcurry1.jpg
 
タイ料理ついでに水茄子入りレッドカレー

これは「Woh Hup」のビン入りレッドカレーのペーストを使っています。
空芯菜でも使った鶏ムネ肉を適宜に切り玉葱と炒め、黄色ズッキーニ、
水茄子、赤パプリカを加え、レッドカレーペーストを入れて炒めます。
ペーストが満遍なく合わさったら水とココナッツミルクとをいれて
コトコト煮て完成。
味にもひとつインパクトがなかったので更にナンプラーを少し加えると
味が引き締まりました。

久しぶりに食べたレッドカレーは美味しかったです。
もう少し辛くてもいいくらいですが、それでも長女はハーハー言って、、
可哀想に。(笑


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

お友達とのやり取り、素敵ですね。
いいなぁ、そういう関係。

粗忽者のあたしはブラウニングにはご縁がありませんでしたが、
顔をあげて、胸いっぱい朝の空気を吸い込みたくなる詩ですね。

そういえば、今日は主人とベランダでモーニングコーヒーしました、てへ。
水茄子入りレッドカレー
美味しそうです
カレー良いですね
暑い日に最高です、
類は友を呼ぶ
知的なHALさんには知的なお友達が~
無知でベタな大阪のオバチャンも友達の端くれに入れてもらえたら嬉しいですが(笑)

空芯菜の炒め物、簡単で私にも出来そう。
色鮮やかなお料理がポンポン並べられて、いつものブログに戻った感じ♪
やっとHALさんの体調も戻りつつあるのかな?って嬉しく思ってます。
初めて知りました・・・
この詩、初めて知りました。
皆さん博識なのですね~
調べてみると、訳によって微妙にニュアンスが違い、
人の言葉の真意を知る難しさを感じました。
日本語同士でもそうですものね、いわんや外国語・・・

この残暑の厳しさを跳ね飛ばすには刺激の強い料理で自分に喝を入れたいですね。
レッドカレー美味しそうです♪
いろんな作家さんが引用されてるのですね。
いい詩ですよね。

お姉さんは辛いのが苦手なんでしたっけ。
それはかわいそうに(笑)
HALさんの夏バテはその後どうですか?
明日以降は少し落ち着くようです。
朝晩は涼しくなりましたねー。
>kebaさん
ブラウニングはヴィクトリア朝時代の人らしいです。
この英語の詩もkebaさんにはすーっとイメージできるのでしょうね。
羨ましい限りです。

ベランダでモーニングコーヒーなんて素敵ですね~
我が家あたりだったら「○○さ~ん!何でベランダで
コーヒー飲んでるの?!」って言われること事間違いなし。(笑
朝も幾分涼しくなり、そんな風景が増えそうですね。
>ryujiさん
以前もコメントいただきましたね。
ありがとうございます。

まだまだ日中は暑い日が続いていますね。
サラッとした辛さが身体に沁みます。
>ちこさん
いえいえ、ブログまんまの痴的なおばちゃんです。(笑
幾分かはブログなのでええ格好しぃで書いてるかもねえ・・
こちらこそ末永く宜しくお願いします。

こうちゃんのこのレシピは優しい味に仕上がりました。
オイスターソースのとこをナンプラーに変えてもいいかも。

今朝も涼しい朝ですね。
日曜日に友達と食事をしましたが大食らい発揮でした。
体重もリバウンド中~(悲
>annieさん
訳する人によってニュアンスが変わりますね。
日本語の難しさ、美しさが分かります。
自分の言葉が他人には違う受け止め方になるのも
仕方ないですね。
でも美しい言葉は共通のはず。

今朝の涼しさに驚いています。
日中はまだ暑いけど、空の雲も秋仕様になってきました。
もう少しね。
>noriさん
100年以上も前の詩ですが、こうやって後世に受け継がれ
色んな作家が組み入れるなんて面白いです。

お姉さんは相変わらず辛いのに反応しますね。(笑
同じものを食べてきたのにどうも味覚が違うようです。

大阪の猛暑は半端ではなかったです。
それは関東も他の地域も同じだったことと思いますが
お昼はサラダしか受け付けないという日々が続きました。
それも終息して夏バテも解消した感じです。
本当に今朝の涼しさは如何ばかりでしょう。

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。