2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANJIN?イングリッシュサムライ 千秋楽
anjin.jpg

先週の日曜日(1/31)に「ANJIN?イングリッシュサムライ」を観てきました。
ANJINとはご存知、「三浦按針」のことです。その昔々、島田陽子さんが
出演した映画「将軍」も三浦按針の話がベースになっていましたね。
今回の舞台は日英共同のプロジェクトによるもの。英語と日本語の台詞が
半々くらいなので、自分の英語力大丈夫か?と心配したものの字幕付き。

脚本:マイク・ポウルトン
脚本共同執筆:河合祥一郎
演出:グレゴリー・ドーラン
出演:市村正親、オーウェン・ティール、藤原竜也、高橋和也、植本潤、
床嶋佳子、鈴木亮平、小林勝也 他


演出のグレゴリー・ドーラン氏はイギリスでは有名な演出家らしいです。
ウィリアム・アダムス役(ANJIN)のオーウェン・ティール氏はイギリスの
トップ俳優らしいです。(らしいって。笑)
徳川家康には市村正親さん。史実にはないけど武家の出で宣教師、漂着した
按針の通訳を務める役に藤原竜也くん。

あらすじは長いので端折りますが、興味のある方はこちらがいいですね。

先ず冒頭に先に日本で布教しているスペイン人宣教師が出てくるのだけど
日本語の台詞がかなり可笑しい。不謹慎だけどこれが笑えるんですよね。
きっと日本人が英語の台詞を喋ってるときもこんな感じに映ってるかと。
巧みな日本語なんだけど、返ってそれが滑稽さを増幅させてるような感じ。
主人公のオーウェン・ティール氏(ANJIN)も流暢な日本語の台詞を話します。
すごい役者さんなんだと思うけど、奈何せん言葉のギャップは海より深い。
それは日本に於いての時代物を外国人が演じきれるかという命題同様に。
実際にスペイン人やイギリス人がその時代を生きて時代に翻弄されてる訳
ですが、舞台にすると妙な具合にチグハグさが露呈されます。
(あくまで私感なのでお許しを。)

それらを覗けばオーウェン・ティール氏をはじめとする外国人の方々は
非常にパワフルで好演されてたと思います。
後で知ったのですが、この時代はイギリスではシェイクスピアの時代。
そのシェイクスピアの国の人が日本でその時代を構築して演じる。
なんだかANJINの悲劇がそれと重なるのは面白いことです。
そして、徳川家康演じる市村御大は見事に立派な徳川家康でありました。
何故かこの東照宮様は尊大な善人のように扱われていました。

ハムレットをはじめ、いくつかの市村さんの舞台を拝見しましたが、
自分的にはこの家康が一番しっくりきて圧倒的な存在感でもありました。
しかし、市村さんはいつもどうしてこんなにお元気なんだろうと思います。
いつもポジティブで底抜けに明るくてお歳を重ねるほどにパワフル。
いつも元気をもらって帰るという役者さんはそうそういないですね。

最後は藤原竜也くん。語学留学もして英語力に磨きをかけたとか。
持論ですが、流れるごとき言葉を喋る人は語学力が絶対ある!というのが
私の長年の感です。(笑
そして、歌がうまい人も語学のセンスがある!(ほんと?笑)
言葉って勉強しなくても身につく人は身につくし、中・高・大学と学んでも
苦手な人は苦手だしね。私、社会に出てからもどれだけ英語をマスターしよう
として勉強したことか。まったくもって金輪際、何の役にもたってません。

と、話が逸れました。^▽^;

藤原くんは流暢に流れるごとき英語の台詞を言っていましたが、我が盟友、
英語のエキスパートであるC嬢にはダメだしされていました。(笑
藤原くんを十代の頃から知ってるけれど、どんどんいい役者になりました。
ドミニコという武家の出の宣教師の青年を演じたのですが昔のように所作に
大袈裟なものがなくなり、自然体で演じている。
人というのは何と進化するんだろうとシミジミおばさんは感じ入りました。

最後は藤原くんが腰にふんどしだけの姿でキリストのように十字架に磔られ
処刑されたシーン。家康が死にドミニコが死に一人になってしまったANJINの
慟哭が響き渡ります。

何度もカーテンコールがありました。
ANJINオーウェン・ティール氏の目が誰よりも涙で潤み、高揚したお顔を見ると
東京の銀河劇場よりここ梅芸のドラマシティの大楽までの長丁場を察する事が
できます。達成感に溢れた感動の涙だったことでしょう。

今回の舞台は観ることより遠く離れた友人たちの元気な顔を見ることが最優先
でした。面白い事に劇場に降りるエスカレーターでそのお一人と真っ先に対面。
「元気だから心配しないで。」と笑顔で抱き合いました。
C嬢も遠くから元気そうで一安心。この間一緒に温泉に行ったH姫も変わらずに。
劇場という空間が好きです。普段忘れている感覚やら臨場感をすぐに取戻せる。
そして遠く離れている友人たちの顔を見ると泣きそうなくらい大事だと思える。
心を一旦空っぽにして充電しなおす禊の場所のような。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡


スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

本当に元気ですよね。
おはようございます。
今日は、暖かい春のような陽気。
そちらに比べれば、さむいのでしょうけどね。(^^ゞ
市村さん、本当にパワフルで元気。歳を感じさせませんよね~。
見てるとついこちらも元気になりますね。
藤原君の演技力は、すごいですよね。私もファンなんです。
No title
いいですねーー、皆さんお元気そうで何よりです。
語学力のないtyokoです(笑)
K嬢は、やはり来られなかった?

観劇もそんな仲間との時間があると、数倍楽しいでしょうね。


竜也クン・・・
相変わらず行っておりますね~、竜也クンを観に。
そういう趣味があることはとっても良いと思います。
心にビタミンですね。

語学のできる人は語学力のセンスのある人だと思っております。
私もいろいろ話してみたいとか思いますが、なかなか思うようにはいきませんね~。
日本語も外国語も方言と言うか訛りが強いようです…
うわっ!
HALさん おはようございます。

こんな面白そうな舞台があったなんて!さすがです。
藤原さん、本当にブレの無い素敵な役者さんに育っていますね。
私も好きな役者さんの一人です。
また、教えて下さいね。
>tomokeさん
ちょうどこの記事を書いたときスマスマに出てましたね。
コーラスラインを踊ってらした。
チャーミングな方ですよね。

tomokeさんも藤原くんのファンですか?^^
ベビーフェイスなので、歳をとったら
どういう風になるのだろうと思ってましたが
いい青年になって大人の顔になりました。

暫く暖かかったですね。
今日からまた寒さがぶり返してきました。
tomokeさんに寒い寒いと言うと叱られそうだ。
でも、少しずつ春の気配なのでしょうかね。
>チョコやん
使わなければ、語学力もくそもないね。
どんどん化石化してくるよね。(笑

Kちゃんは来月出産予定なので無理できません。
今は舞台どころじゃないでしょうね。
そうそう、6月に埼芸でムサシあるらしいよ。
懐かしい場所だね。あの頃みんな若かった。
もう10年近く経つのかな?
>annieさん
相変わらず行っておりますね。
竜也くんを観にというより友達に会いに?(笑
今のところ唯一のビタミンが舞台でしょうか。

あんなに英語を勉強してきているのに
不思議なくらい頭に入らないのはセンスがないのか。
そういえば、友人は学生の頃から英語が好きで
大した勉強もしてないのに英語力があり
そういう仕事につきましたね。
好きこそものの上手なれというところですね。
>yurikoさん
そちらの方では銀河劇場で上演されたらしいです。
銀河に足を運ばれたことがありますか?

不思議な舞台でしたね。
今まで見た舞台の中で一番違和感があります。
いい席だったのでオペラグラスなしです。
藤原くんは出ずっぱりでしたが、今回は控えめでした。
舞台をこなすごとにいい役者さんに育ってます。
将来が楽しみな役者さんですね。
>halちゃん
Kっちは、そんな頃かなーと思っていました。

ムサシは、WOWOWで見ました。あれは面白かったです。
でも、今度はオグシュンは出ないみたいですね。

埼芸、とおかった、でも楽しかったねーーーホント若かったわ
>チョコやん
昨日10ヶ月に入ったよとメールがありました。
もうすぐだね。

そうそう、今度はオグシュンさんは出ないそう。
チケットが取りやすかろうて。(笑
埼芸遠いよね。東京なら行こうかと思うけど
今思案中。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。