2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初春のお慶び申し上げます
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ一年宜しくお願い致します。

12月31日に長く療養していた箕面の叔母が亡くなりました。
年明けからこんなことを書くのも憚られましたが、
供養になるかもしれないとも思い、記憶としてあえて。

叔母は子供も居らず、晩年はひとり病院暮らしの生活でした。
大分の叔母からも重々言付かり、明けてお見舞いに
行く予定でしたが間に合いませんでしたね。
もう私の顔も分からないので様子を見るだけなのですが。
大晦日に亡くなるというのは何の意味があるのでしょう。
もうしんどい思いをしなくていいよと亡母が呼んだのかもと
ひとりごちておりました。

叔母の思い出といえば一族の中で一番美しかったという位。
まだ小学校にも上がらない小さな頃、当時では珍しかった
冷蔵庫が木箱に入って叔母から送られて来た記憶があります。
子供のことなので、それは聳え立つ位に大きく見えました。
近所の人たちが見に来たのも覚えています。
九州の片田舎では大事件でした。(笑

そんな美しい裕福だった叔母の最後はあまりに寂しいもので
諸行無常という言葉そのものの人生でした。
でもこれで現世から開放され、ふたたび美しく元気な魂の人
に戻るに違いありません。
涅槃の向こうで母が待っていることでしょう。



ozyuu3.jpg

おせち作りもほとんど済んだ頃の訃報でしたが、何だか落ち着かず
先にごはんのおかずとして色々食べてしまったものもあるのですが
中途半端だけど折角なのでお重に詰め、みんなでお酒を飲み叔母を
偲びました。


ozyu2.jpg

今年は栗の甘露煮と昆布巻き以外は手作りで頑張りました。
未だに子持ち昆布が冷蔵庫の中で行方不明です。(笑


ozyu1.jpg

datemaki.jpg

伊達巻も初挑戦です。甘さを控えて美味しく仕上がりました。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れさまでした・・・
叔母様のこと、ご愁傷さまでした。
ご本人も病床では大変だったことでしょう。
本当にお疲れ様、ゆっくりお休みくださいと思います。
私も関東に叔母がいるのですが、なかなか様子をうかがいにも行かないので気になりました。

叔母様の分まで今年は幸せに、良い年になるようにお祈りしています。
叔母様は
凛とした潔い方だったのではないでしょうか。
心からご冥福をお祈りいたします。

今年もお会いできる日を待ちながら(積極的に)、
日々を真面目に暮らしていこうと思っています。
よろしくお願いいたします。
ごぶさたしてます~
昨年はお世話になりました!
今年もどうぞよろしくお願い致します♪

大晦日に大変でしたね…。
叔母様の事、いっぱい思い出して、いっぱいみんなでお話するのが一番のご供養になるかも知れませんね。
あたしも父を亡くして7年になりますが、妹とよく父の話をします。
心の中ではずっと生きてます。
今年もよろしくお願いします
年末年始と一大事があったのですね。
叔母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
それにしてもHALさん手作りのおせちは圧巻、さすがでございます。
お煮しめを色々と集めて飾り付けるのも素敵ですね。
銀杏と絹さやが彩になっていて、
金時ニンジンの花模様も新春らしくて素敵です。愛情がこもっていますね。
伊達巻が入るのは初めてみました。
関西風?それとも九州スタイルですか?

今年もまたHALさんに色々とご指導いただかねばなりません。
そして今年はぜひ直接お目にかかりたいものです。
どうぞよろしくお願いします。
そんなことがあったとは。
お年始のご挨拶をと思ったら、大晦日にそんな大変な事が。
色々とお疲れな事でしょうが、ちゃんとお節を用意されているんですね。
お煮しめの色が白く上品で素晴らしい。
ウチのは茶色い、褻のお煮しめでお恥ずかしいですわ(^^;;)
今年もまた、色々美味しいものを教えてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします~。
叔母様のこと、お悔やみ申し上げます。
2009年を最後まで見届けられたのですね。
HALさんご家族のみなさまも馴染まない日々がしばし続くかと思いますが
また落ち着いた日々を過ごせるようお祈りいたします。

僕自身も00年代はいろいろ大変でしたが
これからの10年代はまた新たな時代として歩いて行きたいと思ってます。
共にいい時代を生きたいですね。
今年もよろしくお願いします!
>annieさん
ありがとうございます。
もうね、最近はぼんやりと過ごしてたので
何処にいるかも分からなかったかもですね。
本当に長きの闘病生活可哀想だったと思います。

叔父叔母でも近しい人達は会う機会が多いですが
親たちが欠けていくと接点がなくなることもありますね。
手紙なんかでも交流を持っていたほうがいいですね。
一人いき二人いき、そういう歳になったのですね。

>ひとさん
ありがとうございます。
若い頃の叔母は凛として素敵だったように思います。
長い闘病で面影もなくなるほどになりました。

お互いに近しい人が亡くなっていく年頃、
自分が元気な内はせいいっぱい尽くしてあげたいと
思いますね。

さて、くだんの件はそろそろ動かないと危ないです。
(いつも危ないけど。(^^;
カウントダウンが始まったので頑張ります!
>さなさん
ありがとうございます。
12月は色々とお忙しかったでしょう。
今年も相変わりませず宜しくお願いします。

そういえば、この間九州の叔母に会ったときも
亡くなって40年近くになる父親のことを
沢山話しました。
自分の知らないことも色々教えてもらって
自分の歴史に刻みましたっけ。
この春に若き叔父も亡くなったのですが、
こうして自分達もどんどん歳を重ねて行く事に
戸惑い気味になったりします。(^^
>CHIXIさん
ありがとうございます。
今年も相変わりませず宜しくお願いします。

先に蒲鉾やら何やらバタバタして食べてしまったので
無理からの三の重でお恥ずかしい。(^^;
伊達巻はきっと関東の文化でしょうね。
私が産まれる前まで父親の仕事の関係で
関東に暫くいたそうです。
なので、九州と関東が混在してるかもしれませんね。
納豆もその頃から我が家の食卓に上っていたそうです。
でも、関西は甘い玉子焼きだとか食べませんよね。
これはハンペンと卵をバーミックスで擂り潰し
出し汁と少しの甘みを加えているだけなので
甘さ控えめで食べやすかったです。

今年は岡山か大阪でお会いできますでしょうか。
きっと想像してるタイプじゃないので
その時は悪しからずです。(^▽^;
>dinoさん
31日は朝早くからお煮しめやら炊いていて
ほとんどお正月の料理はできていたんです。
なので詰めるだけのことでした。
この間、プロの料理人さんが出てるTVを見て
追い鰹について話しておられたのです。
ごく薄い色で出しを作っても、この方法だと
具材の色をあまり損なわずに煮る事ができました。
普段の煮物はこってり色が美味しいですけどね。^^

今年も色々なヒントを教えてくださいね。
相変わりませずどうぞ宜しくお願い致します。
>noriさん
ありがとうございます。
おっしゃるように31日で命を終えるなんて
不思議なことですね。
まるで待っていたようです。
我が家の家族はほとんど思い出がないので
大丈夫ですが、遠い叔母たちは電話の向こうで
泣いていました。
暖かくなった頃、思い出を語る日が来る事でしょう。

先日のnoriさんの記事にあった一歩踏み出すという
言葉を色んな意味で噛み締めていますよ。
これからの私の10年は人生をいつ終えてもいいように
片付けをしながら、それでも生かしてくれるなら
まだまだ新しいことに挑戦したいですね。
お互いに一歩踏み出しながら頑張りましょうね。
今年も相変わりませず宜しくお願いします。
今年も宜しくお願いします
大晦日に大変なことがあったのですね。
叔母様のご冥福をお祈り申し上げます。
きっと今頃はあちらでHALさんのお母様と楽しく昔話で盛り上がっておられるのでは?

おせち、やっぱり玄人はだしですね~
伊達巻まで自家製なんですね。
私はあの中途半端に甘い(笑)伊達巻が苦手なんですが、HALさんのは見るからに美味しそう。
柔らかそうだし~
義母が伊達巻好きなんですが、アッチのお節は買った伊達巻でした。
全然別物です(笑)

今年もまた遊びに来させてくださいね。
よろしくお願いします。
今年も宜しく♪
何だかお正月どころじゃなかった様子。
叔母様のご冥福を・・・。m(__)m

忙しい中でも、しっかりお節もじゅんびされて、さすがです。
我が家の伊達巻は、手抜きで、はんぺんを使って作りますよ。(^^ゞ
>ちこさん
ありがとうございます。
大晦日のことなのでびっくりしましたね。
しんどい肉体から離れ、叔母も楽になったことでしょう。

玄人はだしなんていう立派なものじゃないんですが
今年は我が家で迎えたので普段しないことも
色々チャレンジしてみました。
伊達巻はハンペンを擂り潰すだけなので簡単なのですが
お店のような大きな玉子焼き器もないので
こじんまりとした伊達巻になりました。
いつもは最後まで残るのに自家製にしたら
みんなよく食べました。
ちこさんもあっちの家のお手伝いご苦労様でした。

今年も変わりませず宜しくお願い致します。^^
>tomokeさん
ありがとうございます。
それでも体裁だけはお正月でした。
ただ気分的に落ち着きませんでしたね。

こちらもハンペンで伊達巻作りますよ。
バーミックスで擂り潰してあっという間です。

ここ暫く寒気が半端ではなかったので
大変でしたか?
今年も変わらず宜しくお願い致します。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。