2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガラクタ整理の続きとゴーヤ炒め
gon.jpg 子供の宝物は何故か 「ごんぎつね」。

先般よりの家のガラクタ整理も体力不足で小休止な状態でしたが、
久しぶりに子供の部屋を覗くと、俄然闘志が沸いてきました。
広いと思っていた部屋も物が増えすぎて足の踏み場もありません。
本棚から溢れた本は床に直積みにされてて、引越し前夜みたいな
様相を呈しています。
溢れた本を収納するには使ってない物を捨てるしかありませんね。
最近思っていることは収納庫を増やさない。ただ捨てるのみ!

ご近所の仲良しおばちゃんのお嫁に行った娘さんの赤ちゃんは、
今月でちょうど一歳になります。
綺麗な絵本だけ選るから、いらないか聞いておいてと頼んでたら、
そっちで選別しないで全部持ってきて欲しいとのこと。
この間まで幼稚園の先生だったので、自分の目で見たいのでしょう。

ボロボロになったもの、どうしても置いておきたいという思い出の本を
省いても大きなダンボール4個分にもなりました。
おばちゃんはその一冊一冊に目を通したとのこと。
この絵本の山は即ち我が家の子供の歴史でもあり、自分の孫と
オーバーラップして感慨深かったそうです。

絵本の山を見て、「塾にも行かんと行きたい大学に行ったと思ってたら、
こんな小さい時から教育ママやってんな?てお父さんと話しててん。」
そう言われて、意外な言葉に大笑いしてしまいました。
教育ママどころか放置ママやけど、処分する筈のものが、こうして、
喜んで引き継いでもらえると本当に嬉しいものですね。
今日の早朝、おばちゃんはダンボール4つを車に乗せて娘さんの所へ。
大事に読んであんたの孫に返すようにするからって。
そんな心配は無用です。(笑



ageninniku.jpg

揚げにんにく。

ご近所の菜園の方からにんにくをいただいたので、
カマタさんのレシピを思い出して、揚げてみました。
本家はにんにくの皮を剥いてから素揚げしますが、
皮付きのほうが楽しいかなと小分けにして揚げました。
ただし、皮付きは弾くことがあるので、少し切れ目を
入れてあげなければなりません。
焼塩を添えてホクホク美味しいお酒の肴になります。
お仕事がお休みの前日限定ですが。


goya.jpg

ゴヤーと高菜の炒め物。

先般からゴーヤを沢山いただきます。
小ぶりながらも皆さん上手に作られています。
以前はザーサイと合わせたものを載せましたが、
今日は高菜漬けで作ってみました。

ベーコンは角切り、高菜漬けは水に放って
塩分を少々抜いてから適宜に。
ゴーヤはワタをきれいに取りスライスして
塩を入れた熱湯に数秒くぐらせザルにとり
そのまま冷まします。

先にフライパンに胡麻油を温めベーコンを焼き、
高菜、ゴーヤを加え、塩コショウ、きび砂糖少々、
仕上げに出し醤油で香りを足して完成。
ご飯にのっけて食べると美味しいですね?


koya.jpg

高野豆腐の炊いたん。

大分から送ってもらったドンコ椎茸と炊きました。
最近の若い人はあまり好んで食べないかな?
高野豆腐というのは私にとっては母の味なんですね。
少し甘めの出し汁に浸した高野豆腐を冷蔵庫で
冷やして出てくるというのが定番でした。

出汁は鰹と昆布と椎茸の戻し汁でしっかり取って
温めて調味し、そこに高野豆腐を入れて煮しめます。
子供たちも大人になってよく食べるようになりました。


kiribosi.jpg

切干大根の炊いたん。

大分のいりこと椎茸で太目の切干を炊きました。

今年は大根を沢山刻んで切干を作ってたんですよ。
カビもいかず、もう少し干しておこうと思ったところに
ベランダに出たアイが大暴れして、見事に蹴散らし
オカンの苦労は一瞬で弾けたのでした。
ごらっ??!(笑
スポンサーサイト

テーマ : きょうのご飯
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

煮物=炊たん?
こんにちは。
いつも美味しそうな物が、たくさんで嬉しく
なります~。
にんにくは、我が家では、丸々小分けにせず
揚げます。(やっぱり大雑把だよね?私)
そして、食べる時に食べる人が、箸でつまむと
言う塩梅です~。
ホクホクで、美味しいですよね。

大阪では、煮物を炊いたんと言うのですね?
何だか可愛い言い方ですね。
煮物…
煮物イイですよね~♪
「○○の炊いたん」という言い方がまた大阪っぽくて良い!!
ホッコリ美味しく炊けてそうに思えます。

ご近所さんに絵本のお下がりと言うのもとっても下町っぽい感じで人と人とのぬくもりを感じます。
東京のアパート暮らしではなかなか感じられないですね…羨ましいです。
ごんぎつね
とってもいいお話ですよね。
我が家にはビデオがありました。

ゴーヤもいろんな食べ方があるのですね~
にんにくもおいしそう!
No title
お子さんたちは少なくとも段ボール4冊分の絵本を読破されたのですね。
うちも、もし子どもができたら絵本をたくさん読みたいです。
まず、私が・・・(笑)
しかもきっと図書館でお借りすることになるだろうと(笑)
我が家も昨日、ゴーヤを食べました。
白ゴーヤでチャンプルーをしました。
高野豆腐の炊いたんは私も母の味なのですが、意外にも夫が料理当番の時によく作ってくれます。
これがまた意外にも甘く煮含めてくれていて美味しかったりするのです。
確かミネラルが多くて栄養バランスとしては優秀な食材なんですよね。
そして、どんこ!
大阪の母曰く「干ししいたけ=どんこ、九州のんが肉厚で美味しいからどんこしか買わへんねん。よそのぺちゃんこのは食べられへん!」(そこまで言わんでも)と豪語していたのを思い出しました(笑)

>tomokeさん
おはようございます。

あ、うんうん。
丸ごと揚げてるの見たことありますね。
お譲さんや息子さんたちは好きですか?
うちの子供達はあまり興味のない様子。(笑

近畿圏では煮物を「炊いたん」とよく言いますね。
可愛らしい言い方ですよね。
私も大阪にきて言うようになりました。
>annieさん
「炊いたん」てannieさんも使ってました?
大阪、京都ではよく使いますよね。

他所の絵本を貰うのはいささかな人もいるでしょうね。
おばちゃんの娘さんは小学校から知ってるので
そこには信頼関係みたいなものも存在します。

どうしてもアパートやマンションは人付き合いが
少なくなりがちですよね。
私もマンション住まいだったときは隣の人と
口を聞いたこともなかったほどです。
ここは良くも悪くも下町なので、おばちゃん達は
遠慮せんと入ってきはります。(笑
>タルナさん
お帰りなさい。お疲れ様でした。

ごんぎつねのビデオですか?
ジェネレーションギャップがありますね。(笑
この本は今も昔も同じ装丁で売られていますね。
子供はごんぎつねを描いて何かの賞をもらったので
思い入れが深いのでしょう。

にんにく、ウソみたいに美味しいですね。
後で聞いたら全然にんにく臭がしなかったそうです。
>CHIXIさん
当時より、今読み返すと結構楽しいですね。
あの頃は忙しすぎて、頭に入ってなかったのかも。
保育所には推薦絵本が毎月届くというのがあって
その分もかなりありますね。
少しは血や肉になっているでしょうか?

白ゴーヤはあまり苦くないですよね。
私も去年は白ゴーヤをよく食べました。

旦那様もお料理されるのですか?
あ、アスリートだもんね。
総合的に何でも出来そうな感じがします。
CHIXIさんのお母さんは楽しい方ですね。
主人の実家は裏山で椎茸も栽培してて、
どんこ椎茸の菌も植えつけてますが、
これが大分のどんこには何故か勝てないのです。
そういえば、中国や台湾ではどんこ椎茸が人気で
日本からのお土産に買っていく人も居るのだそう。
美味しいものは東西同じということですね。


カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。