2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水茄子の季節
今年も水茄子の季節になりました。和歌山、大阪泉南の気候が育てる美味しい茄子です。名前の通り水水しく、果肉も皮も柔らかく、生で食べてもその甘さにびっくりしてしまいます。糠漬けがポピュラーですが、あまりの高さに目を見張りますので、スーパーなどの野菜コーナーで見かけたときは是非お家でチャレンジしてみてください。


水茄子は漬けているとどんどん水分がでてきます。で、水茄子専用糠床を用意しました。目安としては、外側から漬かるので、真ん中は白いままで糠から上げてOKです。洗ってぎゅっと水分を絞れば白い部分もしっとり美味しくなります。切るときですが、水茄子は刃物を嫌うので縦に手で裂くようにします。



そんな面倒な?と言われる方は、もちろん即席塩もみ水茄子で十分でございます。手で縦割りに裂いて(頭の方に包丁を入れればあとは手で割ってください)塩をして馴染んだら、ぎゅっぎゅっと揉んで軽く水洗いをして水分を絞り、オカカでもゴマでも、生姜のすりおろしでもお好きなものをかけてお醤油で召し上がってください。他の茄子とは一線を画くす食感が、暑い時期にさっぱりとしていい塩梅です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。