2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶏のロースト@バルサミコソース
先般、行列のできるパスタ屋でイタリアンを堪能できなかった私ですが、本日も堪能できず。何故か作ってる間にお腹がいっぱいに。これにキノコてんこ盛りパスタをつけたものだから余計に胃もたれを起こしそうに。(笑) 自称イタリアンな男の旦那様だけ完食(ただのピザ好き)しておりました。

某スズメさまブログでバルサミコ酢を使ったお料理があって、バルサミコを少々お勉強。(この賄い料理人は知らないことが沢山あって皆さんのお陰で日々成長しております。笑)バルサミコにもブランドがあって、価格もピンキリ。1000円程度の安いものはバルサミコが1/2になるくらいまで煮詰めると上級のバルサミコに近い味になるそうです。私も残ったバルサミコは煮詰めて保存しておこう。日本の黒酢、中国の香酢、イタリアのバルサミコ酢。どれも手間隙をかけて熟成させた素晴らしいものですね。イタリアでは10年もの、20年ものがあるそうで、子供がお金に窮したらこれを売って生計をたてられるようにしたとか。バルサミコはぶどうから作られているのはご存知でしょうが、高級なものは甘みがあり、デザートの果物にそのままかけても美味しいそうです。

「鶏のロースト@バルサミコソース」
材料:
鶏むね肉、茄子、オリーブオイル、にんにく、塩、荒挽きコショウ。付け合せ野菜は彩りのよいものをお好みで。
作り方:
?鶏肉は適宜に切り、塩コショウをしておきます。
?先に4等分して塩水に放って水切りした茄子を軽く塩コショウしてオリーブオイルで両面焼きます。
(本日、京都産の美味しい茄子がありました。果肉が柔らかく甘くてジューシィ。)
?次ににんにくをオリーブオイルで炒め、香りがでてきたら鶏肉を皮のほうから焼きます。
カリっと焼けたらひっくり反し、もう片面も焼き色がついたらフタをして蒸し焼きにします。
?バルサミコは使う量をレンジで5分ほどかけておきます。
?お皿に茄子、鶏肉をのせ、?のバルサミコとオリーブオイルを適宜スプーンなどでかけます。(オリーブオイルを先にするとバルサミコがきれいな線を描きます。)
?付け合せ野菜をかざって出来上がり。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。