2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャーリーとチョコレート工場
我が家はよくよく家電の壊れる家で、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テレビ等々
どれも数台づつ壊れて、もう買い換えた数すら数えられなくなってる。
5千円もしたオーブントースターは一週間の命だった。

中でもPCのクラッシュは半端ではない。オシャカ数台、メンテ数回。
今我が家には4台のPCが現存するが、先日MacとWinが2台壊れ、リサイクル業者に引き取ってもらったばかりだというのに今度は子供のノートがクラッシュしてしまった。
このノートはこの春にバックライトが落ち、修理してもらったばかりだ。
フルリカバリの甲斐もなく本日修理センターに送られた。
現存するMacも不穏な動きを見せている・・・

PCショップの店長にこの奇怪な現象について相談をすると電圧の関係ではないかという。
それなら合点がいくと思い、ついでに我が家の家電クラッシュのよもやま話をしていると
「掃除機が壊れるのは電圧と関係ないですよ。」というのだ。
さて、ならば何が災いしてクラッシュビンボーの道をひた走らねばならないのか。
といいながら、もう全然慣れてしまい、また壊れたな・・・という塩梅でもあります。

PCショップの側の映画館に子供と待ち合わせ「チャーリーとチョコレート工場」を鑑賞。
(やっと本題。)
ジョニーディップという人を「シザーハンズ」でしか知らない私ですが
そのシザーハンズの監督とタッグを組んだ映画だというので
どこかメルヘン、どこかブラックユーモアなものになってるかもと期待していたら
キッチリそういう仕上がりでしたね。
見てない方もいらっしゃるでしょうから本筋は端折りますが、
そんな本でもないと思われるのに、またまた、あちらこちらで涙が零れました。

子供が直面する現状に少し躓きかけております。
激とばすばかりが人生の先輩でもなかろうと、映画に誘ってみました。
自分の足で食いしばって欲しいなと親としての思いです。
家に帰ってきてから、短い人生経験の中で必死に模索してる姿がありました。
目線を少し下げて聞いてやらねばと母としても反省です。
躓いた分だけ人は大きくなれるのに、いざ自分の子供となるとこの体たらくであります。(笑)

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。