2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お惣菜ふたつ
「青葱と薄揚げの炒めもの」
ピーター女史がお料理関係のTVに出演するたびに作っておられます。
ある時はワケギだったり、ある時は九条ネギだったり。
ご近所で菜園をやっておられるオバサマから沢山ネギをいただいたので(これは名もなき普通のネギです。)久しぶりに作りました。作り方はいたって簡単。

先ず、フライパンに胡麻油を入れ、塩を投入します。あの韓国海苔のような香ばしさです。そこに5センチ長さに切ったネギを根っこの太い部分から入れて次に短冊に切った薄揚げを入れてサッと炒め、次に青い部分を入れて炒め合わせ完成。
もうちょっと炒めたいと思うところで火を止めるくらいがいいようです。

味付けは塩と胡麻油だけ。コショウを足すとまた別物になってしまうのでシンプルにピーター女史のレシピ通りがいいかと思われます。我が家ではレモンを少しかけていただきます。


「里芋の鶏そぼろあんかけ」
義姉がゴロゴロと送ってきてくれた里芋です。でかい親芋ありの剥けないくらいの超小芋ありの楽しい不揃いの愛すべき里芋です。
も?定番中の定番なので今更な料理なのですが、先日のお料理雑誌に鶏そぼろ作りの裏ワザが載ってたのでご紹介します。
鍋に出し汁が沸騰したとこで鶏ミンチを入れます。ダマになるので泡だて器で攪拌します。
そうするとミンチがきれいにそぼろ状になりきれいです。(←これが裏ワザ。)
アクを丁寧にすくい適宜に切り揃えた里芋をいれます。
(里芋は予め塩で揉みぬめりをとって水洗いしておきます。)
それでも里芋からも泡状のアクがでるのですくいます。
実はこのねばりが肝臓にすごく良いと某お料理の先生がTVで言っておられました。
私も含め酒飲みの方々はネバネバ愛好家になってくださいませ。(笑)
あとは醤油、みりん、砂糖で味を整え最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。