2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひつまぶしもどき

「ひつまぶし」というのは何処が発祥なのでしょう?
九州ではないことは明らかですが。(九州生まれなので。)
土日留守をしたので、いざという時のために大盤振る舞いの「愛知産炭火朝焼き鰻」を奮発して
(それも特大・・)2尾をチルドに入れていたにも関わらず、冷凍室にカチンコチンになってました。
何でうちの連中は食べるということに、否、自分で作って食べるということに意欲を示さない
のでございましょう。こりゃ私がいないと餓死するぞという勢いだけはあります。(笑)
で、みんな好きな「ひつまぶし」にするとパクパク食べてる。
いかん、でかいのも、小さいのも、歳いったのも、育て方が悪かった・・・ようです。

昔、母が料理屋をやっていて、裏の生簀にうようよ鰻がいたのですが、いかんせん、
その頃はあまり好きではなかった。
でも、舌はちゃんと正統な鰻の味というのを覚えていて、子供に本当の味を食べさせる事の
大事さが少なからず分かるような気がします。
この鰻は薄くタレがかかり、炭火のいい香りがしてました。
白焼きにちょっと味がついてるという感じのものです。鰻本来の味が生かされています。

「ひつまぶし」は一杯目は鰻をのせて、二杯目は薬味をのせて、三杯目はダシをかけてと
手順があるようですが、もう我が家は大メシ食らいがいませんので、好きなものを
トッピングしていただきます。刻み海苔、金糸玉子、三つ葉、青葱、山椒、わさび等々。
(ご飯の上と鰻の上にタレをかけています。)
で、私は最後に此処にお吸い物をかけて食べるのが通例なのですが、やっぱりこれが
最高です。

ということで、本日ほとんど手をかけてませんねえ・・・
そうそう、冷凍した鰻は少しお酒をふってからレンジにかけるとと美味しさが蘇りますので
お試しください。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。