2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「辛子明太子を生で食らひました。」 Vol.1

悲願より幾年月。ようやっと完成です。
絵面おかしいけど、一番美味しそうなアングルで。先ずは王道「ご飯のっけ」。

自作の辛子明太子は無着色なので、表面の薄皮の色は鮮やかにはなりません。
切ると、画像のようにいい塩梅。
2度目となると、家族の感動が薄い! ノーリアクションに泣けてくる!(笑)

で、辛さのほうはというと、私的には悲しいくらい、ごく普通です。
辛いのが苦手なのは、ひとくち食べるごとに「辛い?辛い?」を連呼してました。
前回よりかなり大ぶりな生たらこを使ったので、卵ひとつひとつの食感が生きてます。
結論的には、なるべく大きな生たらこを使うことと、唐辛子を吟味することですね。
後は、絶対な新鮮さと、雑菌がつかないように取り扱うことでしょうか。

最後に一言。

「うまーーーーーーーーーいっ!」

家族もこの位のオーバーアクションでお願いしたい。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。