2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スルメイカと山わさび
「いかの塩辛」
生協のスルメイカは船上凍結ですが、吸盤がくっつくほど新鮮です。
いつも何気に作っていましたが、先般の明太子作りで教わった「寄生虫は凍結することで死滅する」というお話。お店で買う新鮮なものも一旦冷凍庫で寝かすほうがいいかもですね。いかの塩辛の正統な作り方は知らないのですが、昔から作っている方法をのっけてみます。

?先ず、ざっと洗い、胴体の下のほうから指を入れ足部分と切り離します。それから胴体から引き抜くように足を引っ張り出します。足とワタがくっいた状態で取り出すことができます。
?ワタをくるんでる薄皮のようなものを剥がすと左の画像のようにきれいにワタだけとることができます。
?筒状になった胴体は縦に包丁を入れ広げます。余分なものを取り除き、よく洗ったあと皮を剥いでいきます。新鮮なものはきれいに剥ぐことができます。剥ぎにくいときはキッチンペーパーを使うと簡単です。
?ワタと繋がっていた足は塩でこするようにして固い吸盤を取り除き、足の部分のみ切り離します。
?胴体も足も食べやすい大きさに切り揃えます。
(水分はキッチンペーパーでよくとって)
?ワタはスプーンで削ぎとり、酒、みりん、塩を加え、よく混ぜ合わせ?と合わせます。

*普通、1?2日置くようですが、我が家は出来た先から食べていきます。チルドに保存すれば数日は美味しく食べられると思います。実は4杯の大きないかをお刺身にしたので、画像のボールに入ってるイカは足と頭の部分(三角の)のみです。けっこうな量です。


「スルメイカのお刺身」
で、こちらがお刺身にした胴体の部分。スルメイカって捨てるとこないし、値段も庶民の味方だし、有難い。けど、お刺身は剣先がうまい!(笑)

余談ですが、上のワタを使ってイカを炒めると、いつもと違う味わいになります。お酒の肴には最高ですね。



「山わさび」
実はこれが食べたかったのでお刺身にした訣ですが、なかなか普段売られるていることがない北海道のわさびです。まるで木のようでしょ?
生協は時々珍しい食材を届けてくれます。
薬味だけでなく料理に使うと面白いです。
それはまた後日のっけてみます。

で、青紫蘇に炙った海苔、生クリームとマヨネーズ、バターを混ぜた「自作明太子」ディップを載せたりして、山わさびも少々。

「まいぅ???????」
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。