2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国風茹で豚。
入学式の翌日から大学に通っている末娘ですが、最初にできた友達は
なんと55歳の女性の方だといいます。
3月まで教師をされていて辞職し、この大学の3年生になられたとのこと。
食堂の混雑を回避してお弁当持って行く末娘と毎日一緒にお昼を食べてるそうです。
そして、「悔いのない人生を送りたかったから」と、娘に語られたそうです。

子供たちの手が離れたら、「もう一度大学で勉強したい」なんてよく言ってました。
現実に50になると、少し自分の寿命をカウントダウンしだし、あと自分に何が出来るかなと
思う今日この頃でしたが、55歳のチェンジを垣間聞き、少し勇気を貰いました。

若い頃に遣り残した事が幾つかあります。
子育てと仕事に追われ、終ぞ果たしえなかった事を再開しようかと思った矢先だったので
55歳の挑戦に少し触発されました。
生涯現役でありつづける何がしかを模索しなければならない歳かもしれませんね。


韓国風茹で豚。
最初に作ったのは去年の10月くらい。
その後、怒涛の忙しさになって終ぞ載せることができなかったのですが、皮付き三枚肉が
とっても安かったので再び。
皮付き豚の美味しいレシピはないものかと探していたらコウちゃんのレシピにヒットし
あまりの簡単さに作ってみたのがきっかけです。

皮付き豚バラは皮面を上にして、ひたひたの水、お酒、長ネギの青いところ、にんにく
を入れて20分ほど茹でます。
冷めたらスライスして長ネギのみじんを載せ、胡瓜を細切りにして添えます。

タレ:(約500gの茹で豚に対して)
醤油大さじ6・酢大さじ1.5・砂糖大さじ3・ごま油大さじ1・生姜のみじん切り適宜
これをざっとかけて食べるのですが、私は具入りの豆板醤も加えました。

20分茹でるだけで大丈夫?と思ってましたが、とってもあっさりとした仕上がりです。


↓これ以前作ったときの画像。こっちの方が丁寧な作りかもしれない。(笑
 (赤いのは糸唐辛子。)



















スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。