2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふきの煮物
筍もちらほら店頭に並ぶようになり旬の恵みをいただける季節になってきましたね。
蕗も立派なものが並んでいました。蕗の香りはまさに春を告げるような感じで、この
面倒くさがりやの私も旬には何度かご相伴にあずかります。

?蕗は長いのでお鍋に入る長さに切ります。
??の蕗はまな板の上で塩をふり板ずりします。(繊維をはがしやすくするためです。)
?熱湯に塩を少々入れ、洗い流した?を入れます。
数分で皮が剥がれやすい状態になるので茹で過ぎに注意します。
??を冷水にとり蕗の皮を剥いていきます。剥いたものは水にしばらく浸けておきます。

??の蕗は4?5センチ長さに切りそろえます。
?出し汁、薄口醤油、塩、みりん、酒で味をつけ、落とし蓋をしてひと煮たちしたら
火からおろしそのまま味を含ませます。
*ここで鍋の底を冷水に浸して熱をとると青くきれいな色に仕上がります。
↑画像のごとく、私はしませんが。(笑)

鶏肉や油揚げと炊いても美味しいですね。
味をつけず、サラダや和え物の素材として使ってもよく合います。


これは蕗の葉の炒め煮です。
蕗の葉は広げると30?40センチくらいあります。
これも捨てずに箸休めを作ります。

?葉はよく洗い、塩を入れた熱湯で茹でます。
?アクが強いので水に放ち、しばらくおきます。
?葉は大きいので何等分かしたあと細切りにしていきます。
??の水気をしっかり絞り、フライパンに油をひき炒めます。
?出し汁、醤油、、みりんで味をつけ、水分がなくなったら最後にかつお節を加えて完成。
かつお節の代わりにチリメンジャコでも美味しいです。

書いてても面倒くさく感じるなあ。(笑)




土筆を探してるというannieさん。こちらもないですね。
これは昨日、奈良で見つけたものです。最近は沢山生えてないですね。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。