2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞台「ムサシ」と2009食博。
多分、私が初めて井上ひさしを読んだのは高校生だったと思う。
兄の本棚から見つけた「青葉繁れる」。
アホな男子高校生の日常をユーモアとペーソスたっぷりで描かれていたように思います。

井上ひさし氏には数々の逸話がありますが、脈々と現在に繋がる井上ワールドと彼の行き越し道とがどうも重なってこないのは不思議なところです。
反骨と挫折が彼に及ぼしたいくつもの側面全てが類稀なる作家を生んだのでありましょう。






井上ひさし脚本、蜷川幸雄演出「ムサシ」を観てきました。
武蔵:藤原竜也 小次郎:小栗旬
 

巌流島の決闘から数年、命をとりとめた佐々木小次郎が再び武蔵を捜し出し、
決着をつけようと禅寺に乗り込むという筋立ての2幕からなる戯曲です。

剣豪2人の間に立つもう一人の剣豪、柳生宗矩。興が乗るとなぜか能を踊りだす
という設定が、かなり笑える。この舞台の大事なムードメーカーです。
余談だけど、随分前に「オレステス」を観たとき、ホテルのバーで遭遇した某さまが
この役を演じておられる。それを思い出し、妙にニヤニヤしてしまった。

観たのは前楽であったため、長丁場の舞台でお疲れか、小栗小次郎の台詞が
だだ滑りで、カツゼツの悪さに観てる側が台詞を聞き取れないという場面が随所に。
舞台は魔物ですな、努々精進あそばせ。(小栗ファンごめんよ。)
でも小栗君は見事に佐々木小次郎に見えたのも事実。(フォローになり得たか?)
藤原武蔵はさすがに舞台の人で、そんな心配もせずに安心して観ていられるのだが、
なんせ、細っこいから剣豪には見えない。
もう少し歳を重ねたら、程良いムサシになるでありましょう。
鈴木杏ちゃん、白石さんをはじめ舞台上の全ての人がうまく絡み合い、
全員が主役といっていい舞台でもありました。

巌流島の決戦事態がファンタジックなお話なので、これはこれでいいのかもしれない。
そもそも何のリサーチもなしで、いきなり井上ひさしの「ムサシ」を観たものだから
まさかの展開に、巌流島の決戦以上にファンタステイックな脚本!

井上ひさしと蜷川タックで「天保十二年のシェイクスピア」を観た時ほどの衝撃もなく
蜷川氏もお歳を召されて演出力に蔭りが?なんて思ったりもしたが、これはきっと
そういう軽い、肩を張らずに観る作品だったのかもしれない。
願わくば、腹を据えてもう一度観ることができたら、さぞかし面白かっただろうと
無念しきり。DVDがでたらゆっくり鑑賞したいものであります。


観劇の後、みんなでご飯。
べっぴんさん揃いなのでお顔を見せたいとこ。
パーカーを頭から被ってるのは変な人じゃなく冷気があたる位置だったので。(笑
左端で壁に同化した茶色いのが私です。


何だか色んなものを食べたけど、最初のサラダしか画像がありません。
C師匠、色んな手配、お骨折り感謝致します。




次の日、インテックス大阪で行われている食博へ3人で行きました。
この日も夏の暑さで、最終日のせいもあり、中に入ると人の山。
各国の料理のブースやケーキや和菓子の展覧、様々な食に纏わる催しがあります。

とりあえず、ベルギービールとマルガリータとダッカルビ!
ベルギー、イタリア、韓国コラボ。

一度は食べておかないとと、「まい泉」のカツサンド。
高い割にはそれなりの・・(笑

そうや、君も来ててん。
dinoさんとこで会いました。お土産買わなかったけど。

何とかの館で各国の部屋も展示してあり。これは韓国。

これはイギリス。

これは何処??

疲れに行ったような塩梅で、ちょっと強行軍だったかな。
後で見たら総勢64万人が来場したらしい。さもありなん。
梅田まで戻り、お茶してKちゃんを見送り。
再びR姉さまと二人、ベトナム料理のお店へ。(まだ食うか?食うんです。)

店員さんお奨めのハノイビールをグビグビいきながら、生春巻き。

空芯菜の炒めもの。
干し海老と炒めてありました。ニョクマムが香ります。

オーナーお奨めのベトナムつくね。

野菜てんこ盛りの上に川魚の揚げたもの。
とにかく、何でもいっぱいレタス系やらの葉っぱがついてくるので
一週間分のサラダを食べた感じでした。身体にもじわ?っとミネラル補給完了。

R姉さまいわく、タイ料理よりベトナム料理のほうが宮廷料理に近いのだそうです。
時間が押してフォーを食べそこなったと言っていたR姉さまを大阪駅まで見送り、
一路我が家へ。
ちょうど遅い夕食を皆で食べてるところで、まあ悲惨な食卓でした。(笑)

当該の皆様、色々とありがとうございました。いつかまたお会いできる日まで。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。