2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライフ・イン・ザ・シアター
ドラマシティで市村正親さんと藤原たっちゃんの二人芝居、
「ライフ・イン・ザ・シアター」を観てきました。
開演10分前にあたふた到着して、メガネ(老眼じゃないよ)も
オペラグラスも忘れたことに気づき呆然。(笑)
市村さんの舞台は、ハムレット(篠原涼子ちゃんと共演の)、
一昨年の勝村さんとの二人芝居より三度目の観劇です。

舞台に生きる二人の俳優が劇場で交わす会話を26シーンもの
場面展開によるオムニバスで描き、生き様や心の葛藤が、実際の二人のこの名優によって繰り広げられるというもの。
演出はイギリス人のポールミラーさん。今まで観た市村さんは恐ろしいほどテンポの早い
台詞回しでピカイチのカツゼツだし、藤原たっちゃんは多くの蜷川舞台で修羅場をくぐって
きた人で、類稀な才能と努力の人でもあります。
が、今回はちいと今まで観て来たお二人の舞台とは塩梅が違ってましたね。

詳細は端折りますが、どうもお客さん納得してない模様。
アンコールの拍手はするもののスタンディングオベーション一切なし。妙に静か。
舞台の内容がいいか悪いかは別として観客にインパクトを残さなかったのでしょうか?
役者に惚れて観にきてる側としては、どうしたものやら。(笑)
私的にはすごく良かったんですよ。明日も立ち見したいな位の勢いだったんです。
三度目のアンコールでお二人が出てこられたとき、えいっ!と、一人観客席から立ち上り
拍手をおくりました。いい舞台だったことを伝えたかった私ができる唯一の賛辞。
連れの二人もならってスタオベ。けど、連れの二人も合点がいってない模様であります。
なんだか不燃した思いの初日でございました。繊細ないい芝居なのになあ。


う??酒でも飲むか!と、連れの行きつけの梅田の某店に入りますが、私食べる物が
ございません。連れが春雨のパリパリサラダを注文してくれるものの、口に合わない。
何をとってくれても食べる気がおきない。豆腐サラダを自分のためにとって、それを肴に
ビール飲むも、このビールが甘い。辛口日本酒を頼むものの砂糖酒のように感じる。
タンタカタンも甘い!くそっ??芋でいくか?と、ちょっとはマシ。
兎に角、わかんないけど、酒という酒が甘すぎて仕方ない。家の辛口だって最近は甘い。
甘いのがめっぽう苦手なので、酒量があがらない。(ええことやん。)

ああ、私の身体やら味覚は何がどうなってしまったのか?一体何の予兆なのでしょうか?
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。