2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賄い料理人の庭に生息する野菜。
「ゴーヤの梅おかか和え」
沖縄ブームが続いてるのでしょうね。最近は寒い季節でもゴーヤが売られていますよね。
これは5分ほど塩をしてから熱湯でさっと茹でます。梅肉とかつお節を包丁でとんとん叩き、お醤油を少し入れて和えたもの。ほとんど苦味を感じません。ほんとは苦いのが美味しいんだけど。(^^
ゴーヤをアップしたから、うちのゴーヤも紹介しようかと。↓


ただいまスクスク生育中。前年のゴーヤの種をとっておいて乾燥させ、先っちょをチョキンと切り発芽させます。以前作った時は、まんまるのツチノコみたいなゴーヤが成ってびっくり。今年はリベンジなるか?! 大葉(青紫蘇)もスクスク。これで「金魚」を飲む予定。(笑)


ミニトマトも花が咲きました。今年の品種は新しいものでスィートトマトと言うのだそうです。
おじちゃんお奨めだったので植えてみました。左はパセリ、最近料理の画像に登場する
パセリは全てこれです。気候がよくなって摘んでも摘んでも生えてきます。


このセージはもう10年くらいなりますが、毎年青い花を咲かせてくれて料理に使うというより、目の保養ですね。左はルッコラ。二株しか植えなかったのでほとんどがお弁当の彩り用と化しています。ルッコラの花ってこんなに可愛いんですよ。(^^


柚子の花の蕾がいくつもできています。覚えておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、先般「辛子明太子」を作るときに入れた柚子です。アゲハの幼虫をそのままにしておいて、一個しかならなかったという。葉っぱのギザギザがその足跡ですね。(笑)
左は我が家最古参の枇杷。21歳の娘が小学校2年生の時に自分が食べた枇杷の種を植えたものです。大きく成る品種だったらしく、けっこう甘いです。枇杷は種から植えても数年で実が成るんですよ。植木鉢でも十分に育ちます。

あと、ローズマリーとか料理の下に敷く葉蘭とかあるのですが、全て実用を兼ねるものしか植えないという。賄いキッチンに相応しい、賄いガーディニング。(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。