2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山椒の実の醤油煮
季節は巡り、また何だかんだと仕込まねばならない時期になってきました。
去年の今頃もこの山椒の実をアップしましたっけ。山椒の実は醤油で煮て密閉ビンなどに入れ冷蔵庫に保存しておくと、1年でも2年でも美味しく食べれます。あつあつご飯に最高。色々とトッピングも楽しめます。毎年ささやかですが、あちこちにお裾分け。

10年前位に名人から教わった炊き方は感に頼るとこが多いのですが、年々この弟子も感が冴えてきて今年はまずまずの炊き上がり。
←のように枝から離すのはサクランボのように軸がついててもぜんぜんOKです。
今年は3キロ注文してたので夜なべ仕事に地味?に枝から実をむしりとる作業で疲れ果ててしまいました。(笑)


















完成図。 以下レシピです。
*材料
青山椒の実500g、酒大さじ2、三温糖大さじ1、醤油
*作り方
?山椒の実は枝から離し、数回水をかえて洗います。水切りをしっかりして。
?きっちりフタのできる鍋に酒を入れ煮切り、一旦火を止めて?の山椒の実を加えます。
?山椒の実の量の半分弱の醤油を入れ、フタをし30分以上弱火で煮ていきます。
?水分が少なくなってきたら三温糖を加え、ひと煮立ちさせて出来上がり。

アバウトですが、焦がさないよう水分量に気をつけていたら失敗のない事と思います。




おまけ。
去年恐ろしく忙しかった頃、再び糠床をダメにしてしまいました。
そろそろ夏野菜の美味しい時期に入るので酒屋さんで精米後の糠をもらってきました。
簡単糠床作りはHALサイトこちらからどうぞ。

今年は粒は大きいけど鳥取砂丘のらっきょうが手に入りました。
洗うのは主人。切り落とすのは長女。食べたい人が手伝うという不文律は今年も健在。
らっきょうの漬け方はHALサイトこちらからどうぞ。
といいながら、今年は教わって違う漬け方をしました。美味しく出来上がったら後日アップ。
って、一年後の話しになりそうですね。(^^



おまけ2。
体育祭の練習で疲れ果て、ボロ雑巾のように転がって寝てる末娘にくっついて寝てるチビすけ。チビチビコンビ。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。