2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理しなくていい我が家の酒の肴。
末娘が大学の友達の下宿でたこ焼きパーティをやるのだと出かけて行きました。
その友達はもちろんご飯も自分で作り、お弁当も持ってくるのだそうです。
君にはそんな生活ができるか?と聞いたところ「無理!」と一言。
やろな?この母はちいと甘やかして育てたかもしれない。
部屋の片付けはお姉ちゃんがやるし、本人が唯一するのは冷蔵庫を開けて
自分用のカルピスを作ることぐらい。そのくせ、今日のご飯は何?と毎日うるさい。
いいのかこれで?!まあ、今更何を言っても馬耳東風。
将来、家族で毎日晩ご飯食べに来たらどうしようよ?(笑


ネタ枯渇中なので酒の肴特集でも。

イベリコ豚のガツ。
ガツというのは胃袋のことです。
塩味控えめなので、塩と胡椒をガリガリやるとちょうどいい感じ。
神戸「伍魚福」の商品。ここのは何でも美味しい。

ままかりの酢漬け。
これは昔から大好きですね。これも「伍魚福」。
大阪では生のままかりを入手できないですね。残念。
胡瓜と若布と一緒に酢物にしても簡単便利。

mooさんから教わった人参といかくんのマヨネーズ和え。
ちょうど太いいかの燻製があったので、それを裂いて塩胡椒少々プラスして
千切りした人参と和えました。
やはりり今頃の人参はすごく甘い。超カンタン酒の肴になりました。
mooさんありがとう! て、子供が先にどんどん食べていく!

銚子産のイワシの油漬け。
日本版のオイルサーディンです。
ここに太い唐辛子が2本も入っていてかなりのピリ辛。
これ、かなりイケます!
前も載せましたが、油を切り、お醤油少々をかけてグリルで缶ごと焼きます。
仕上げにレモン絞ってもいいし、山椒粉をふっても美味。
以前のオイルサーディン焼きはこんな感じ。

今期初の水茄子の浅漬け。
やっぱり美味しいね?水茄子は少し切れ目を入れて手で割るのがお約束。

南イタリアのサラミですと?(笑
イタリアの何とかという方となとりが共同で作ったというもの。
キャットフードみたいに個包装になってるのも嬉しい。
このサラミはジャンクな味がしません。(と、自分の舌を信じている・・)
細切りにしてサラダに入れても美味。

土佐の酒盗。
ご存知、カツオの腸の塩辛。
甘口なんていう表記があるけど、当然だだ辛いです。
スーパーの鹿児島物産展とかに遭遇すると、鹿児島の酒盗になります。
これは高校生の頃から好きで、兄がこいつ絶対酒飲みになると。
不幸にも当たってしまった。
我が家の末娘も白いご飯にのっけて食べます。酒飲みになるやろか?

皆さんご存知ですか?
ピンク色のめちゃ乙女ちっくなビンに入っている濁り酒。
北欧で大人気!と書いてありました。映画「SAYURI」のせいかな?
中身は乙女酒ではなくキリッと辛口の純米濁り酒です。

「広島国税局清酒鑑評会」「純米」「燗酒」部門金賞受賞酒であります。
美作(みまさか)の純米酒。御用達酒屋のおばちゃんのお奨め。
冷やしても美味しいし、燗をしても更に美味しいという優れもの。
お酒を辞めたいのに辞めれないのはこの奥の深さにあるのですね。
只今、体重↑上昇中!(悲


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。