2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしたもんでしょう?
さて、友人の娘さんから添付メールが届いて
「いとこの旦那さんの実家にマルチーズが生まれました。もらってください!」
我が家の愛犬「ソラ」が9歳にて昨年の秋に急死した訣ですが
その訃報に一番悲しんだのは主人でした。
「あんないい子はおれへんよなあ・・」
この間も、「ラブラドールが欲しい・・」と、まるで子供のように懇願するのです。
実は密かに近くのペットショップでリサーチを続けていた訣ですが
子供達の猛反対にあっていました。
留守家庭にあっては留守番ができる犬じゃないとダメと長女のもっともな意見。













写真を見せると、真っ先に「欲しい!」と言ったのは末娘。
それもそのはず、毛が伸びた時の亡犬「ソラ」に瓜二つな母親犬。
マルチーズにも顔相があって皆同じ顔ではありません。
知らないうちに面影を探して涙があふれてきました。

しか?し。
我が家には一ヶ月半前にやってきた「アイ」がいる訣で、
このヤンチャ盛りのオテンバ娘が相容れるかどうかが非常に重要な
ポイントになる訣で、犬も猫もいつも家にいた訣ですが
同時に飼ったことがありません。
犬と猫って仲良く暮らせるのでしょうか?
みなさんの側でそういうケースはありましたでしょうか?













↑こやつですわ。
ますますヤンチャが加速度ついて、顔つきも変ってきたような・・・(笑)

歴代の犬も猫も我が家に迷い込んできたり、貰い手がなくて引き取ったり、
今度飼うときは絶対好きな種類を飼うぞと子供が言ってたのを思い出します。
が、やっぱりそうはいかないのが此の世の常でございますね。(^^


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。