2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉玉子 其の二の巻
なかなか更新できずに日々ドロのようにお布団に倒れこんでおりますが
それでも来てくださる皆さんに感謝申し上げる次第です。

一昨日のことなんですが、会社からの帰り道、夜の8時半頃だったでしょうか。
外灯がほとんどない一本道を自転車で走ってると向こうから自転車らしき影が
近づいてきます。すれ違い様に目をやると長い髪の小学5、6年の女の子でした。
その女の子が私の方を振り向いた瞬間、暗闇に女の子の顔だけが青白く浮き上がり
私は全身凍りつきました。 きた?!久々にきたぞ??!と悪寒をふりほどき、
走り去る女の子の背後を目で追うと・・・

なんと!自転車にのって携帯を開いてたようで、その画面が暗い中で
女の子の顔だけを照らしてたのでした。 ε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ
ほんまに怖かったんよ・・



お待たせしました。温泉玉子第2弾!です。(誰も待ってへんて・・
カップ麺のカップで温泉玉子を作った訣ですが、あれがあったな?と思い出し。















これ中国とかでお粥をケイタリングするときのステンレスボトル。
どこのお家にでもあるステンレスの水筒のようなものです。その口が広いバージョン。

















玉子3個、熱湯を入れてフタをして20分。
保温性が高いので20分は置き過ぎな感じです。15分で十分でしたね。
白身も結構しっかりめ。残ってたソーメンつゆをかけました。
ということで、ステンレスの水筒でも温泉玉子はできる!の巻でした。
















ヤゲン軟骨の山椒塩焼き。
ヤゲン軟骨は鶏一羽に一個しかとれない貴重なものらしいです。
フライパンに胡麻油少々でじっくり焼き山椒塩で仕上げました。
















小松菜と信州ぼってり揚げの塩炒め。
生協で届いた小松菜がおそろしく細かったので炒めました。
温めたフライパンに胡麻油と塩を先に入れるのがミソです。
そこに適宜に切った小松菜とぼってり揚げを投入してささっと炒めるだけ。
もうワザもくそもないな・・(笑)
















水茄子と紐唐辛子の煮びたし。
盛り付け画像がピンボケのため浸し中の画像。
コンビニで半額になってたそうめんつゆに揚げたものを放り込んだだけ。
(何でこの半額に弱いんだろうか・・)
あのホンジャマカさんのCMがあまりに美味しそうだったので真似てみました。
いや?近年にないくらいうま?い。
市販のつゆもなかなかのものです。

実は週の初めに右指を負傷しまして、病院で包帯を巻かれたものだから
長女が前半主婦しておりました。
本人もそうそう帰宅が早くないものだから、コンビニのメンチカツなんぞを
家族は食べさせられて、ひどい食卓でしたね。
まあ、母が台所に復帰しても↑のように炒めるだけなんですが・・(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。