2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中島美嘉2007コンサートツアー@フェスティバルホール
さて、束の間のお休みもオーラスですね。

連休前に歯医者さんの予約があり、仕事が終わって6時前に
滑り込んだわけですが何と9時過ぎまでかかりました。
名医ですし、連休前ですし、って予約の意味が全然ない訳で。
びっくりだよ!(←やっくん風にご唱和)

長い待ち時間の楽しみに「NANA」があります。
あの人気コミックNANAなのですが、
これはまると面白いですね。
昔マンガ少女だった訳ですが、自らもマンガを描いて少女マンガ家を目指していました。(笑)
(我が家の子供らもみんなマンガを描きます。血脈の摩訶不思議・・笑)
そして、未だにコミックをよく買うのであります。

あまりの待ち時間の長さにとうとう10巻まで読み終えました。
NANAは17巻迄あります。読破する前に歯医者さん終わりそうです?残念。

と、前振り長いですが。

行ってきました!
NANAのコンサートに!

もとい、中島美嘉ちゃんのコンサートに!

こっちの方がびっくりだよ!(再びやっくんで・・・)
誘われて、ヤダヤダと言いながら、引きずられて行ってきたようなわけで。
でも彼女は好きなシンガーで、語るようなひたむきな歌声に
シンパシー感じる方も多いのではと思います。
3000人ほど収容できるフェスティバルホールの前から6番目のど真ん中。
しかし、このオバサン二人のツーショットは笑えんて。(笑)

幕が上がるといきなり総立ち。
(当たり前っちゃ当たり前のことなのにいきなり目がテンになる。)
どこでどう揃えたのかペンライトの光の洪水。
え?もしかしたらずーっと立ちっぱなし?
5曲目くらいで「座りたい・・」というと、「あかんあかん、見えんやん。」
こういう時はこの大観衆と同じ気持ちにならなければならない。
頭上高く手拍子してるうちに足までリズムとってるぞ。
何とか2時間凌げそうになってきた。

「少しお話がしたいので良かったら座ってください。」
ありがとう美嘉ちゃん。お言葉に甘えて・・
このストイックなハニカミの裸足の王女様はトークは得意ではないらしく
写真集の話をしただけで、「他にもう喋ることはないんですが・・・」(笑)

前のめりで独特のリズムをとる姿も彼女の不思議さを思わせ
華奢な身体から絞り出す歌声は圧巻でした。
まあオバサンふたりの存在も異星人のごとく不思議だった事でしょうが。

私はよく舞台を観にいきますが、最後のアンコールで
「アンコール!アンコール!」と言葉にだしていうのも初めて聞きました。
舞台でいうならスタンディングオベーションで拍手の嵐というとこでしょうが、
最初から総立ちですものね。

帰りにビール飲んで大阪ぼてぢゅうのモダン焼きをほうばりながら、「疲れた?疲れた?」と言ってると「あんた、ほんまに年寄りやな。」ですって。
つか、無謀にも中島美嘉のコンサートに行こうとする君は何者やねん。


大阪のおばちゃん当世コンサート見聞録でございました。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。