2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テールスープへの道
ブロ友、未平量生が言うのですよ。
テールスープうまいぞ?ハチノス入れたらもっとうまいぞ?
バンドを再び結成し、出張のついでにブルーノートでジャズを聞き、
フグを食べるためだけに大分に行くという八面六臂な方ですが、
映画「3丁目の夕日」で号泣する昭和レトロ組でもあります。

そんな国産の新鮮なテールがHAL界隈にあるはずもなく
未平氏御用達の京都パッチギにあるという「丸橋商店」を教えて貰った。

「もしもし、テールとハチの巣送ってもらいたいんですが・・・」
超忙しいときに電話をしたらしくなかなか会話が噛み合わない。
噛み合わないのでおばちゃんは他の人に電話を代わった。
取り合えず、テール1本、ハチの巣1枚、うすミノ、焼用の上ミノ、テッチャン、
ツラミを注文する。
名前の表記を漢字で伝えようとすると忙しいから平仮名で送るという。(笑)
未平氏の友達だと言って恩恵にあやかろうとしたが、それを伝える暇もなく
あっという間に電話は切られてしまった。
そして翌日の日曜のお昼には恐ろしい量のホルモンが冷蔵クール宅急便で
我が家に届いたのでありました。
もちろん平仮名表記で。

テールが1本届くと何やら殺生してる気にもなるな。

HAL家の一番大きい鍋では収まりきれず、近所のおばちゃんちで
筍を茹でるための一等どでかいのを借りてきた。
テールとハチの巣を水できれいに洗ったあと茹でこぼす。
ハチの巣も適宜に切って、白葱、生姜、にんにくを入れて再び火にかける。

アクと脂を取りながら5時間ほど煮込む。
白濁させたければフタをし、澄んだスープにしたければフタをしない。

味付けは食べるときに塩コショウで。
実はこの日の夕方から母は熱をだして寝込んでしまった。
子供はこのスープにご飯を入れてクッパ風にして食べたという。
カメラワークが悪いので美味しそうに写ってないね?(笑)

これが見事なハチの巣。胃袋ですね。

翌日に上ミノとツラミを使って焼肉。
しかし、何でこう美味しそうに画像が撮れんかえ?(笑)
いいね?脂がジュワジュワでない焼肉も。

しか?し!このツラミの旨いこと!w(◎◎)w
(久しぶりのnonchさん表記。異国の空でお元気でしょうか。)
何かわからないけど、ツラミで感動したのは初めてだ。
しかも、よく見たら菜箸で肉つかんで撮影してるぞ?

そしてそして、、、
こっこれは???!!!w(◎◎)w
どうして焼いても焼いてもミノが柔らかいんでしょ?
うっ、うま??い!こんなしなやかなミノも初めて食べた。

撮影がへたっぴなので伝わらないこととは思いますが、
なかなか焼肉屋さんでもこんな上等なホルモンはいただけないことでしょう。
あと、新鮮なテッチャンと薄ミノはもったいないけど一旦冷凍室へ。
次の宴会のモツ鍋まで保存しておきました。

京都パッチギのど真ん中にあるという「ホルモン専門店 丸橋商店」は
TEL:075-661-3679 どこへでも送ってくれます。

そして、まだまだ沢山あったテールスープはカレーへ。
冷蔵庫にある新玉葱、新ジャガ、茄子、パプリカ等々放り込んで作りました。
今週は忙しかったのでテールスープが大活躍してくれました。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。