2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼岸花を見に。
この間から彼岸花を見に行こうと誘われていて、やっと行くことができました。
いつもなら萎れかけてる頃なのですが、長い夏だったせいかちょうど見ごろ。
彼岸花の見ごろというのも可笑しいかな。

子供の頃はあちこちに群生してましたが、今私達の住んでるところは田んぼも
なくなり、アスファルトばかりなので他所の庭で数本咲いてるのを見かけるだけです。
ここ、奈良の吉野、五条の辺りは昔のように田んぼがあれば彼岸花が咲いてます。


折りしも稲穂も色づいてまさに秋の気配です。


小さな丘のようなところにも群生しています。
向こうに見えるのは葛城山かな。


今日は曇天なので野焼きの煙も風景に映えています。
彼岸花は稲作の伝来と共に中国から渡ってきたそうですが、球根で増えるので
毎年同じところに群生するわけです。


彼岸花の茎を手折ると白い液がでてきますよね。
触っちゃだめと母によく言われました。その毒素が田んぼの招かれざる小動物を
退治するんだとか。そう考えると、中国の人は実利性に花を添えたわけだ。


ここまで来たので五条の山寺の和尚さんを訪ねました。
もう六年もお会いしてない。残念ながら先客のようで境内を散策。


訥々とした素朴さが心をのんびりさせ、何も変らずに此処にあるというのがいい。
私の進化もこの山のお寺の風景も六年前で止まってるようで、
諸行無常とつぶやいてみる。あ?あ。(笑


お寺の脇道にも点々と彼岸花が咲いています。


暫し目の保養と心の保養になった一日でした。


Tags: 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。