2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクアパッツアと豚ちまき。
最近、小さなストレスを感じることふたつ。

このブログに記事を書いて送信したとき、ダイレクトにマイブログにとばないで
「ブログの編集が完了しました」というページが表示されるようになったこと。

なんだか泣けてくる?♪という石田ゆり子さんのCMを見ると、こっちまで身体が
だる重になり、しんどくなること。
あのCMに共感して○リナミン買われた方も多いだろうな。


珍しくムール貝が売られていたので久しぶりにイサキのアクアパッツア。

温めたフライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくのみじんを炒めます。
香りが出てきたら塩コショウしたイサキを両面焼き付けます。
余分な油は捨てて、ムール貝、プチトマト(ドライトマト)、オリーブ、ケイパー
白ワイン少々、水(2カップ位)を加え、強火で煮ていきます。
途中煮汁を魚に回しかけます。7、8分も煮れば完成。

鯛、スズキ、カサゴなど白身の魚なら何でも美味しく仕上がります。
シンプルンに魚介の美味しさが味わえるし、簡単なので我が家の定番です。



スーパーのお肉売り場に「九州産豚ちまき」というのがありました。

「豚ちまき??」   中華ちまき専用豚とか?

取り合えず1パック(1.2kg入)買ってネットで調べると、関西では豚スネ肉を
「豚ちまき」と呼ぶのだそう。初めて聞いたよ?関西圏の皆さま、これほんと?(笑

オリーブオイル、にんにく、ローズマリー、パセリを絡ませてマリネしておきます。

我が家のローズマリーは新芽もどんどん成長してとっても元気です。
一方、色んな種類を植えたバジルは虫にほとんど食べられて壊滅的。
農園から送られてきて大事に育てたイタリアンパセリの苗も虫食いだらけ。
虫が食べた残りをいただくというより、虫たちのために植えたようなハーブです。(笑


1時間ほど置いておいた豚ちまきは塩コショウして温めた鉄鍋(ルクみたいな)で両面を焼きます。大きく切った玉葱加え、白ワインを少々で煮込みました。

残った豚ちまきは血抜きをして、ローリエと粒コショウの塩水につけアイスバインに。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。