2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葛粉でふるふる豆乳ゼリー。
子供たちが小さい頃は、おやつは何でも手作りしたものでした。
仕事を持っていたので、皆が寝静まった夜中にごそごそ作ってました。
パンも毎日焼いてました。ホームベーカリーも確かあったはず。(笑
最近は、とんと何もしなくなりました。

このブログの最初の頃、豆乳と粉ゼラチンで「豆乳花」を作り、アップしましたが
それを本葛で作ってみました。マクロビのサイトでも紹介されています。


分量としては豆乳200ccに対して本葛粉10g。

今日はマルサンの豆乳1000cc入りパックを全部使って作りました。
葛粉と豆乳を鍋に入れ、弱火で煮ていきます。
木ベラで底の方からゆっくり混ぜながら、塊の葛粉を溶かしていきます。
沸点に達したら1分ほど混ぜてから火からおろします。
容器に入れ、粗熱がとれるまで冷まし、冷蔵庫へ。


ゼリーにかける黒蜜を作ります。
ちょうど沖縄の叔母が送ってくれた黒砂糖が手付かずであったので、これを使用。
少々の水で煮詰めました。とろりとしてきたら火から下ろし、冷まします。
冷蔵庫で冷えた豆乳ゼリーに黒砂糖の蜜をかけ、きな粉をふって出来上がり。


ふるふる?とした、この柔らかさが決め手ですね。
ゼラチンで作るよりはるかに簡単。とっても美味しかったです。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。