2011/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011黒大豆味噌作り
本日も予約投稿なり。今日も奈良まで行ってきます。

随分前に生協で米麹を注文していて、消費期限が少し過ぎてしまいました。
ここ暫くバタバタとしていて時間の余裕がなかったのですが、麹は生ものなので
待ってはくれないですね。結局2日間にまたがっての仕込み仕事になりました。

今年は昨年の11月の農業祭で買った黒豆で味噌を作ります。
去年の味噌作りはこちら

今年の味噌の材料:
黒豆1キロ、米麹1.2キロ、粗塩500g(これで約4キロくらいの味噌ができるはず)

米麹と塩の分量は米麹のパンフや色んなサイトを見ても結構まちまちです。
少しくらい分量が変わっても多分大丈夫だと思います。


2011miso1.jpg
水を吸って膨らんだ黒豆。

豆は洗い一晩たっぷりの水に浸けておきます。(倍以上の大きさになります。)
私は朝に浸けておいて夕方から煮ました。(翌日に持ち越して再度煮ました。)
煮る時は浸けておいた水は捨てて、豆がかぶるくらいの新しい水で煮ます。


2011miso2.jpg
煮上がった黒豆。

最初は強火で煮て沸騰したら弱火にしてアクを時々とりながらコトコト煮ます。
落し蓋をし、時々差し水をして豆がいつも水面から出ないようにします。
煮上がりの目安は指で簡単に潰れる、2つに割れないくらいの柔らかさです。
煮えたらザルにとり、煮汁は別にとっておきます。


2011miso3.jpg
米麹を塩きりします。

米麹は固まっていたらほぐし、粗塩と合わせて満遍なく混ぜます。


2011miso4.jpg
煮上がった豆は擂り鉢やマッシャーで潰しますが、今年はポリ袋に入れて
その上から潰しました。
(大まかなところは足で踏み、仕上げに細部は手で潰し。)
塩切りした麹と合わせて満遍なく混ぜます。
画像は鍋に入れてますが、溢れそうになったのでこのあとポリ袋に入れて
混ぜ合わせました。(なんでもポリ袋・・・笑

ここで煮汁を入れる訳ですが、入れないで固く仕上げるのもひとつだとか。
味噌は熟成すると柔らかくなるので、この分量でお玉に2杯分程入れました。


2011miso6.jpg
お団子を作り、樽に叩き付けるようにして空気を抜き、幾つか入れます。
それを手のひらで押し付けるように均等にならしていきます。
この作業を繰り返し、最後に味噌の表面にラップをきれいに貼り付けます。
(空気と触れるとカビが出やすいので。)
これによって、去年はほんの少しの味噌カビが発生しただけでした。


2011miso5.jpg
落し蓋をして軽い重石をしてからラップで覆い、その上から新聞紙などで
遮光し、冷暗所で保存します。出来上がりは半年後の夏になります。

この仕事、夜中でした。(笑
今年も上手く仕上がりますように。

この1月2月に味噌を仕込むというのは雑菌が繁殖しにくいからだそうです。
また天地返しという言葉がありますが、家庭で少量仕込む程度ならあまり
必要もないとのことです。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

実家のガラクタ整理でミキサーもらってきました。
土曜の昼から日曜日と2日間バタバタと実家と病院の往復でした。


sika.jpg
車中からの奈良公園の鹿(見えてないね。笑)

大阪への引越しが決まっていて、まさかの入院で少し焦ってしまったけど
いつになくHAL家軍団は皆お手伝いにやる気まんまん。
亡き母の遺品をそのまま沢山残したままだったので娘の私が仕分けます。
「それも捨てるよ、あれも処分するから。」と、指示する私に主人が、

「お前って結構薄情やな。」と言います。
母の遺品を処分することに少々抵抗があるようです。

母のものがなくなったって母との思い出がなくなる訳でもなく、この期に及んで
センチになってる主人が可笑しかった。
子供達はまるで宝物探しの様に色んなものを発掘して、母の手編みのものとか
沢山のパジャマとか持って帰ると言います。
子供達もまた大好きだったおばあちゃんの思い出に固執してるようです。
仕方ないので許可して、私はコート1枚とセーター1枚だけを持って帰りました。

私の学生時代のデザインの教科書や課題のファイルなどもそのまま残ってて
それは私に聞かずに処分する子供達。(笑
本当に昔の人は物持ちがいいようで、まるで時が止まってるかのようでした。
止まってる時は動かさないといけません。


食器棚の上の奥に箱を見つけ、開けてみると新品のミキサーとミルサーが。
イワタニのもので、まだタグもついていて使った形跡なし。
うちには20年近く前に買ったイワタニのミルサーがあるのですが、それさえも
このミキサーに比べたらよほどスタイリッシュです。
子供が面白がって型番なんかで調べてみたけど、イワタニのサイト上にさえ
載っていないくらい古いものらしい。
母は何十万もする無水鍋を突然買ったりする人だったので最新ミルサー付き
ミキサーを当時は欲しくて買ったのかもしれない。
持って帰っていいというので、これもまた我が家へ。


miki1.jpg
我が家のガラクタ整理で捨てたミキサーが、また復活。(笑
捨てたものの、バーミックスだけで事足りぬこともあったので、まあいいかな?
ボタンのパーツにレトロ感が漂ってますね。


miki2.jpg
沖縄の叔母からちょうど送られてきた沖縄タンカンと大分の叔母のキーウイ、
小松菜(ぱんださんはいつも小松菜ブレンドなのを真似て)でジュース作り。


miki3.jpg
やはりミキサーのほうが仕事が早い。(笑
小松菜もフレッシュフルーツと一緒だととっても美味しいです。


kaninabe2.jpg

kaninabe1.jpg
何か帰りに美味しいものでも食べてと言われたけど、昼夜外食続きで
主人も子供も家でのんびり食べたいらしいのでカニを貰ってきました。
やっぱり家で食べるとほっとしました。

そういえば、兄は2日間の絶食と流動物ばかりの味の無い病院ご飯ですでに
6キロ痩せてました。
一緒に出される野菜ジュースがこんなに美味しいなんてと笑ってました。
2日間絶食で6キロか・・・絶対無理だな。(笑


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

少年コロッケと赤糖で作ったサーターアンダギー
koro1.jpg
少年コロッケ

前回作って好評だったので再度作りました。
飯島さんのLIFE2から「少年コロッケ」です。
男の子の兄弟が競って食べる大皿いっぱいのコロッケからのネーミング。
お肉屋さんのコロッケも負けてしまうくらいの絶品コロッケです。
明日からコロッケ屋さんを開いても行列間違いなし。

*ポイントだけ記しておきます。(本書では8個分)

?ジャガイモは皮ごとじっくり蒸して皮を薄くむくこと。
(私はレンジ用の蒸し器で蒸しました。)
剥いたジャガイモに塩、バターを加え潰しながら混ぜます。

?挽肉はフライパンに焼き付けるように。
軽くほぐしたあと、暫く焼き付けるように火を入れます。
(塩コショウ、砂糖大さじ1/2で味付け)
沢山の脂がでるので、大さじ1ほど残してペーパーで吸い取ります。

?挽肉と玉葱は別に炒めること。
挽肉を炒めたあとのフライパンに油を足して玉葱を炒めます。
玉葱の水分が蒸発するくらいまで。

?卵液は卵2個、牛乳大さじ2、薄力粉大さじ1
(衣がカリッと仕上がります。)

ジャガイモ4個、合挽き肉150gで作りますが、少々分量が変わっても
大丈夫だと思います。詳しくは「LIFE2」にて。

美味しいものを作るにはやはりそれなりの順序やひと手間がいるのだと
飯島さんのレシピと格闘しつつ思うのであります。
でも、コロッケひとつが御馳走になるのですから、これは飯島マジック
としか言いようがありませんね。



sata.jpg
赤砂糖で作るサーターアンダギー

これは少し前に作ったものなのですが、tomokeさんが作られていたのを
思い出し、家にある沖縄の赤砂糖(粗糖)で作ったものです。
なので、色は黒いですが表面はまるで黒砂糖のお菓子を食べてるように
ガリガリとして食感が楽しいです。

材料:
卵2個、砂糖100g、塩少々、薄力粉200g、ベーキングパウダー小さじ1.5
サラダ油小さじ2、揚げ用のサラダ油

?ボウルに卵を入れ割りほぐし砂糖と塩を加えて泡立て器でよく混ぜます。
?薄力粉とBPを合わせて振るい入れ、なめらかになるまで混ぜます。
?サラダ油を加えてさらに混ぜ、30分ほど休ませます。
?手に油をつけてピンポン玉より少し小さいくらいに生地を丸めます。
150度くらいに温めた油で揚げていきます。
生地に割れ目ができはじめたら火を強めて温度を少し上げます。
こんがりきつね色になったら出来上がり。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

ほうれん草と松山揚げのおひたしオンザテーブル
昨日は仕事の関係で高麗橋まで行ったのですが、難波にマルイができてて
びっくりしました。開業2006年らしいですが、そんな前からあったの?
もう浦島太郎状態です。(笑
この辺は数年前まで仕事で四六時中来てたのに、知らぬ間にマルイとかね。

そんな感慨に浸っていたら、携帯が鳴ってまた兄が入院したのだそう。
この頃調子が悪いって言ってたけど、4度目はないだろうと思ってたけど、
あったよね?
一箇所を触ると、そこに未知の薬とかが入ってくるわけで、それが思いかけず
身体を痛めつけてるのかもしれません。

そのまま奈良まで飛んで病院に行くと、輸血してました。
ヘモグロビンが少ない、血液が薄いとのこと。下血してたみたいですね。
今日は一時間にも及ぶ胃カメラだそうで、何事もないようにと祈るばかりです。
tomokeさんが子供達が手を離れたら今度は親の心配と言われてましたが、
我が家は親代わりの兄ということになるのでしょう。

そして、今回の輸血で初めて分かった兄の血液型。O型だそうです。
(今の時代に自分の血液型を知らなかった人。笑)
うちのB型軍団が推察してます。
ばあちゃんがB型でオカンがB型で・・・BOならO型が生まれる??・・・
オカンと顔がぜんぜん似てないし・・心配しなくても血は繋がってるから。(笑



horensoohitasi.jpg
ほうれん草を沢山貰ってたので、先日の小松菜と同じお浸し。
出汁醤油をお湯で割って、そこに松山揚げを一袋ひたします。
さっと茹でたほうれん草と人参、白胡麻を加えるだけです。

茹でながら、若い人は知らないかも?と、ふと思ったので書きとめます。
ほうれん草はたっぷりの水で洗い、包丁で根元に十字の切込みを入れます。
中に入った汚れもとれて、均等に茹で上がります。
茹でて水気を軽く絞り、醤油をかけてまた軽く絞ります。
これを醤油で洗うと言います。アクがとれて水っぽさもなくなります。
それからお浸し等に使います。


↑オーダーしてたテーブルが届きました。
決して高価なものじゃないんですが、北海道でハンドメイドで家具等を
作られている方がおられて(私のPC台もこの方の作品)、無垢な木で
作っていただけませんか?という私の無茶ぶりを快く引き受けていただき
ようやく一昨日届きました。

どこがいいのかさっぱり分からないという家族。(笑
木の節てんこ盛りのチープさだけど、これがまた味があっていいですよね。
ほら?備前焼の器にも合うやん?と言っても、え?そんな話?!と一蹴です。
ほんまに、いつも理解されないオカンです。


実用コミック「誰も教えてくれないお金の話」を20名にプレゼント


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

HBで作るガトーショコラ
子供達がバレンタインどうする?なんて言ってました。
どうも家用のバレンタインは自分達が食べるためのチョイスを考えてる様子。
お母さんが作るよって言ったらどうも不信げです。(笑


va2.jpg
夕飯を作りながらできる手軽さのガトーショコラ。
でも味はピカイチです。
ラッピングの事まで考えておらず、この間ちこさんに戴いたドーナツの箱の
リボンが可愛いくてとっておいたので、それで何とかしようと思ったものの、
やはり、何とかなりませんでした。(笑


va3.jpg

va1.jpg
チョコレートが濃厚なガトーショコラ。
焼いてる間、家中にチョコの香りが漂い、私はチョコ酔いしそうになりましたが
何のその、子供達はぜんぜん平気です。
一切れで十分堪能できるほどに濃厚なケーキですが、まさかのお代わり。
しかも、主人が会社で貰った義理チョコまで食べてました。若いって凄いよね。
普段は甘いものを一切食べない主人も義理で一切れ食べてましたよ。


HBで作るガトーショコラ

薄力粉40g、ココア10g(合わせてふるっておく)
ビターチョコ180g、生クリーム100cc
卵白2個分、砂糖60g(メレンゲ用)
卵黄2個分

?耐熱ボウルにチョコを割って入れ、生クリームを加えてラップをします。
500w?600wぐらいで1分30秒加熱し、泡だて器でよく混ぜる。

?別のボウルに卵白と砂糖を入れツノが立つくらいにメレンゲを作る。

?HBのパンケースに?と卵黄、ふるった薄力粉とココアを入れる。
HBの取説にもありますが、液体のものから順に入れると生地が混ざりやすい。
?ケーキコースを選択して9分経ったら?のメレンゲを数回に分けて入れる。

HBの機種によって機能が違ってくると思いますが、うちのは5分くらいで
具の投入の合図が鳴ります。具は入れないのでスタートボタンを押します。
そうすると、再び捏ねの作業に入ります。
メレンゲを入れたのち、ケースの粉をゴムべらで落としつつダマがないよう
また、混ぜむらがないよう手動で混ぜてやります。
一気に焼きになるので手早く。(粉落としの合図音がするHBもあります。)


?焼きあがったら取り出して網にのせて冷まし、粉砂糖をふって出来上がり。


文字で見るとややこしそうですが、実際はとっても簡単です。
うちの何もできない末娘が簡単やな?って。(自分で焼けよ。笑)


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : ケーキ
ジャンル : グルメ

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。