2010/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010梅仕事??完了
皆さんはお盆休みに入られたでしょうか。
私は今日から月曜日までお休みです。(だったかな?
帰省される方や旅行される方は気をつけていってらっしゃい。



ehimeume15.jpg bungoume10.jpg
田舎の庭のそばかす梅           大分の大きな豊後梅


以前、2010梅仕事?の記事で梅酢が赤く発色しないと書きましたが、翌日には
真っ赤に染まっていて胸を撫ぜ下ろしました。

今年はかなりの量の梅を漬けたのでザルが足らず、近所の仲良しおばちゃんに
ザルを借りに行ったら、うちのベランダに干したらいいと言ってくれました。
作業もおばちゃんちでしようという事になり、力持ちのお姉ちゃんに十数キロの
樽を運んでもらい、おばちゃんと二人で5?6枚のザルに割り箸で一つずつ並べ
1時間ほど作業をしました。

作業をしながら先に漬け上がったおばちゃんちの梅をご相伴に預かったのだけど
減塩してる筈なのにこれが滅法塩辛い。
そう言うと、今度はおばちゃんがうちの梅と紫蘇を食べて「しょっぱくないわ!」と
不思議がり、傍らで見ていたおじちゃんにも食べてもらうと「ほんまやなあ。」

おばちゃんは面倒がって市販の揉み紫蘇を買って漬けたのが原因と思われます。
詳細はわからねど保存性を高めるために塩を沢山使ってるのでしょうね。
その後、おばちゃんちの二つのベランダで干してもらい、干してる途中も二人で
試食したらしい。(笑)
「やっぱり塩の加減が違う。来年は自分で絶対揉むから!」と、おばちゃんは固い
決意表明をしたのでありました。
12?15%の塩で漬ける場合はやはり赤紫蘇を揉む時も減塩した方がいいですね。

今年はそんな事で干してる画像を載せることができませんでした。
そして昨夜、再びおばちゃんちに行き、樽に干した梅、紫蘇を戻す作業をしました。


☆今年はこうして漬けました
樽は焼酎を霧吹きに入れて吹きかけて消毒します。
梅を一段ずつ並べる毎に焼酎を拭きかけ、ザラメの砂糖をパラパラと振り
これを繰り返し、最後一番上に干した紫蘇を梅を覆うように敷き詰めます。
焼酎を吹きかけ蓋をし、冷暗所で保存して完了。
残った赤梅酢はガーゼなどで濾して生姜を漬けたり料理に使うために保存。

この新機軸な方法は未体験なので凶とでるか吉とでるか?わくわくします。


umeboshi5.jpg

umeboshi6.jpg

そういえば、tomokeさんちは今年、小梅を塩漬けする時に氷砂糖を入れて
おられました。共に酸味をまろやかにする方法でしょうね。

今年はあえて梅を真っ赤にしませんでした。
一番上には大分の豊後梅、下の方は愛媛の兄から送って貰ったそばかす梅が
眠っています。赤くしなかったからそばかすが目立ってしまった。(笑


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡


スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

サザンビーチにて
日曜日に海に行ってきました。
我が家の恒例行事ですが、もう親と遊ばなくなった子供も
これだけはまだついてくるようです。
いつまでこの恒例行事は続くでしょうか。



umi1.jpg

天気予報では曇りのち雨。
曇りぐらいのほうが海水浴にはいいという事で出かけました。
管理棟からの放送も「昼から天気が悪くなる予報ですので気をつけて
ください。」なんて流れてました。

雨が降ったら帰ろうといいながら、この母は顔以外は日焼け止めを
せずに余裕でしたが。


umi3.jpg

なんとピーカンに。
雨が降るどころか、どんどんお天気が良くなってきます。


beer1.jpg

そういうことで、何はともあれ先ず恒例のビア写真。
夏空によく映えること。


okan.jpg

母の貴重な水着写真。(笑
タルタルの腕は寄る年波なのでご勘弁ください。
既に真っ赤に日焼けしております。
プカプカ浮くために初めて買った浮き輪でプカプカ。
大体オバサンは基本的にプカプカしてません。


beer3.jpg

お昼もグビグビ。


umi2.jpg

umi4.jpg

ここは比較的小さなビーチなので人もそう多くなく水も綺麗です。


sandaru.jpg

ターフの中でちょっと昼寝。
と思いきや、お疲れ父さんは爆睡でした。(笑


beer2.jpg

起きては母は水分補給。
依然父さん爆睡中。


mizunasu.jpg

お土産に泉州の水茄子を沢山買いました。
ご近所に職場のみんなに。
朝いちのもぎたてを買うことができて新鮮です。
早速夕食に塩だけで揉んだ水茄子を頂きました。
これだけでビールが進もうというもの。
て、未だ飲むか?(笑

久しぶりに真っ赤に日焼けして、またシミを増やすんでしょう。
さて、来年はまだついてくるかな?


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

ブログ1周年に感謝?赤ワイン漬けらっきょう
バタバタとしてる間に誕生日とFC2ブログに引っ越して1周年が来ていました。
私の誕生日の日に夏休みに入った末娘が奈良の薬師寺に大学の友人達と行き
健康祈願のお守りを買ってプレゼントしてくれました。
「お守り?」と言うと、「最近身体の調子が悪そうやから。」だそうです。
この母は珍しく夏バテで、主食がビールみたいな按配だもんね。(笑

薬師寺の東塔(とうとう)は戦火を逃れた唯一現存する奈良時代に建立された
建造物で、そのため劣化が激しくこの秋から修復のための準備が始まります。
末娘いわく10年は見れなくなるからと同じ史学科の歴女4人で行ったそうです。
同好の士と歩く薬師寺はテンションが上がりまくりだったそうな。



sabo3.jpg

FC2ブログに引っ越した夜に不慣れなアップロードの練習にとサボテンの花を
載せたことを思い出し、いつもは忘れさられている片隅のサボテンを覗くと
ニョキニョキと花芽が伸びていました。
サボテンというのは突然花芽がついて、恐ろしい勢いでそれが伸びていき
びっくりしますよね。
この花芽が伸びていく様を見ていると、何故か「スパイ大作戦」のテーマが
BGMとして頭の中で流れ出します。
何のこっちゃ。(笑

そしてこの愚ブログに遊びに来てくださる皆さん、足跡を残してくださる方に
支えられての不承不承の1周年に感謝致します。
アクセスカウンターも一桁増やしました。
この夏には間に合わなかったけど、10万ヒット感謝記念でもしましょうかね。



sabo4.jpg

翌朝、少し膨らんでる。


sabo2.jpg

そしてまた翌朝。開花。
こんな小さな身体にこんな大きな花をつけるなんてね。


sabo1.jpg

いつ買ったのかも覚えてないほどの年季の入ったぼろぼろサボテンなのに
しかも土なんてほとんど無いのに何て可憐な花を咲かすのでしょうね。
夕方仕事から帰ると既に萎んでいます。花の命は短くての詩の通りです。


sabo5.jpg

しかも今年は小さな子供までできてるよ。
大きな植木鉢に植え替えてあげねば。





rawaine.jpg

先般、「らっきょうの甘酢漬け」をアップした時赤ワイン漬けを載せました。
結局、色があまり良くなかったので漬けていた赤ワインをローリエ1枚を入れて
1/3量まで煮詰め漬け直ししました。きれいに染まって美味しいです。
ワインを飲みながら赤ワイン漬けをいただくなんていう優雅な日々を過ごして
ないので、これは料理に使わないとと。


azihurai5.jpg

赤ワイン漬けらっきょう入り鯵フライのタルタルソース。

☆この日のタルタルソース材料
刻んだ赤ワイン漬けらっきょう、アボガドの賽の目切り、黄パプリカ賽の目切り
刻んだきゅうりの酢漬け、玉葱のみじん切り(水にさらして)、ゆで卵、レモン汁
塩コショウ、マヨネーズ

この日は具材たっぷりのタルタルソースだったのでカリカリ、ポリポリと歯応え
いっぱいの楽しいソースになりました。
鯵フライは常にタルタルソースの脇役になってしまいますね。


キクラゲに対する意識が変わります 「熊本産きくらげ」20名様モニター募集


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

鶏肉の塩ラー油炒め
昨夜は暑かったですね。
やたら猫が仰向けになってゴロゴロしてるのを見ると
暑さが分かろうというもの。

末娘は今日の最終試験をもって夏休みに突入だとか。
何だか私にも夏休みがくるみたいで気持ちだけ緩みます。
きっと猫たちとゴロゴロして過ごすんでしょう。



sunara.jpg

砂肝(砂ずり)のラー油塩炒め

砂肝を前にしてちょこっと閃いて作ってみました。

砂肝は4等分にカットしてお酒少々をふりかけておきます。
フライパンにサラダ油(胡麻油でも)を入れ砂肝をよく炒めます。
火が通ったら塩をふり、最後にラー油を入れてひと炒めして完成。

塩とラー油だけのシンプルなものだけど、これが美味しい。



momora.jpg

鶏もも肉のラー油塩炒め

砂肝のシンプル炒めがことのほか自分的ヒットに嬉しくなって
鶏のもも肉でも作ってみました。

鶏もも肉は一口大に切り分け、お酒少々をふりかけておきます。
フライパンにサラダ油(胡麻油でも)入れ、もも肉をよく炒めます。
火が通ったら塩をふり、最後にラー油を入れひと炒めして完成。

て、同じ炒め方ですが・・(笑

このピリ感がメチャいいですね。シンプルイズベスト。



rikinki.jpg

↓の記事にも出てる「李錦記」の具入りラー油を使っています。
ここ数年我が家ではこればかり。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

2010梅仕事??梅肉エキス
tometo.jpg

タイトルとは全然関係ないけど可愛かったので我が家のプチトマト。
花の土袋に堆肥を少し混ぜ込んで苗を植えただけなので豊作とはいきませんが
お弁当の色添えくらいの役目は果たしてるかな?



先般載せた2010梅仕事の続きですが赤紫蘇待ちの間にアクシデント発生!
今年は田舎から届いた梅17キロ、別に大分の豊後梅2キロ強を塩漬けしてましたが
17キロの方のプラ樽にヒビが入ったようで梅酢が流れ出しました。
慌てて新しい容器を買いましたが漬け直したら梅酢が足らず急遽豊後梅と合わせ
何とか梅酢に浸るほどになり一安心。


sikomi2.jpg

長い赤紫蘇待ちでしたが、送ってもらった4キロの紫蘇は去年と比べて小ぶりです。
しかも今年は完全無農薬なのか招かれざるお客さんをあちこちで発見。
土曜日は休日出勤になってしまったので出かけるギリギリまで枝から葉をむしり
帰ってきてから何度も何度も洗いました。
お客さんは洗うごとに流れていくけど、山になってる赤紫蘇を見ると途方に暮れ
永遠に終わりそうにない作業のようでした。洗うだけで2時間。(笑


sikomi3.jpg

↑一回目のアクは黒いです。

もうどなたのお家も紫蘇入れは済み、天日に干し終わってる時期かもしれません。
赤紫蘇は洗って水を切り、塩でよく揉んで両手でボール状にギュっと絞ります。
黒いアクは捨てます。
ボール状に絞った赤紫蘇はほぐしてまた塩をふり、更に揉んでよく絞ります。
このアクも捨てます。こうして2回繰り返します。(塩は赤紫蘇の15%位)


sikomi1.jpg

アクを絞った赤紫蘇はアルコール殺菌したボウルにほぐして梅酢をいれます。
梅酢ごと容器の一番上に載せ、落し蓋、軽い重石をして干し時まで待ちます。

ご覧のように赤く発色するはずが梅酢が濁っていていい色がでません。
梅酢が流れ出たために濃いエキスが残ったのかもしれませんね。
今年は薄ピンク色で紫蘇の美味しい梅干を作りたかったのですが、さてさて
うまくいきますでしょうか。一抹の不安を残しつつ。(笑




ekisu1.jpg

梅肉エキス

これはannieさんが作って送ってくれたものです。
彼女は以前から梅肉エキスをよく作っていました。
我が家に田舎から梅が届いたときにannieさんから情報をもらったのですが、
その時は既に青梅はすべてハチミツ漬けにした後でした。
NHKの「あさイチ」という番組を見て梅肉エキスパワーを再認識したそうです。
放送内容はこちらから。


ekisu2.jpg

そんな凄いパワーがあるなら作りたかったというと、annieさんは生協まで行き
青梅を求め、私のために作ってくれたという訳です。
その様子と作り方はannieさんのこの記事から。

大きさの比較をするのに我が家でよく使う「李錦記のラー油」を載せましたが
青梅1キロでこの小瓶にこれだけしか作れないというのです。
手間隙かけたこの貴重なひと雫を毎日摂取しています。
飲み物に入れてもいいそうですが、私は酸っぱいのも得意なので瓶にきれいな
スプーンを入れて少しすくい、そのまま口の中へ。
飲兵衛だからね?これからの食生活の一部として取り入れていきたいものです。

そんな話を近所の仲良しおばちゃんにしていると、来年は絶対作る!って。^^
annieさん、今更ながら本当に有難う。
梅肉エキスもさるこながら、作るのに割いていただいたその時間にも感謝です。
そうそう、その絞ったもので作った梅ジャムもいただきましたがとても爽やかで
美味しかったです。来年さらに仕事が増えそうですね。



recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。