2010/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自家製ツナ作り
チカゲ嬢のご機嫌が麗しくなく、記事アップしたのを追加しようとして即オチ。
この間noriさんが電源の問題ではと言ってくれたので調べたら電源というのは
5年くらいで消耗するようにできてるのだとか。(消耗するように作ってる。)
言い換えれば、自分でPC触れない人は5年くらいで買い替えるってことかな?
我が家にあるPCの半分はPC専門の某メーカーのものなのですが、末娘のPCに
あるものを追加しようとしたら3万円くらいの見積もりがきてびっくり。
お姉ちゃんがネットで調べて買い、取り付けたら数千円で済んだということも。
全ての人がマシンに詳しいわけではないので、仕方ないといえば仕方ないけど
日本のこの修理事情は如何許りな気もしますね。。
さて、チカゲ嬢とは最後の日までお付き合いしますが、そろそろバックアップして
憂日に備えておきましょうか。



asupara.jpg

深さが欲しかったので花土のビニール袋のまんま植えたけどちゃんと生りました。
この後どんな風になっていくのかは全然不明ですが、食卓を潤す程に収穫出来ない
事は明白ですね。(笑


myouganae.jpg

茗荷も顔を出しました。ノラ猫がやってきてプランター内に鎮座していたので
猫除けの竹を菜園の方にもらって突き刺しましたが効果はあるでしょうか?



tuna4.jpg

自家製ツナ作り

安くて(これ重要)いい柵があったら一度作ってみたかったのですが、きれいな
切り落としが売られていたのでようやく実現。

*この日の分量
マグロ約300g、塩小さじ1、ローリエ1枚、粒胡椒5?6個、生姜3?4枚、鷹の爪1本

先に鍋にサラダ油(キャノーラ)もしくはオリーブ油を少し入れます。
マグロを先に入れると鍋底にくっついてしまう恐れあり。
塩などの分量のものを入れ、サラダ油を浸る程度に足して火にかけます。
マグロの表面が白くなったら反対側を返し、裏も白くなったら火を止めます。
蓋をして余熱で中に火を通す感じ。なのでレア状態でも大丈夫です。


tuna2.jpg

冷めたら冷蔵庫で保存します。数日は持つことと思います。
コンソメで作るノンオイルバージョンもレシピブログで見た事がありますが
それはまた後日にでも。


tuna3.jpg

何のひねりもないポテツナサラダに。(笑
新玉葱の旨みも加わってとっても美味しかったです。


takewaka1.jpg

tiku1.jpg

筍とワカメの炊いたん。
その筍を使った筑前煮。

愛媛の義姉から二度に渡って筍がきたので電話すると郡部にある実家の山に
猪が出て筍を食い荒らしているというのです。
大阪に送ってやれないという義兄に代わり姉さんが送ってくれたのだそう。
去年も猪が出たそうですが、猪が筍を食い荒らすなんていうのは前代未聞な
ことだそうです。
しかも柔らかい美味しいとこだけ食べてあちこち荒らしてるのだとか。(笑


wakasu1.jpg

三陸ワカメの土佐酢和え

いつもの酢の物ですが、旬のワカメのお陰で週一週二くらいの頻度で食卓に
上ります。とりあえず作っておけば無くなるという按配です。

鰹節を出しパックに入れて計量カップなどの小さな入れ物に入れ熱湯を加え
触れる程度に冷めるまで置き、出しパックをギュっと絞って出し切ります。
その出汁を三杯酢(酢、醤油、煮切りみりん1:1:1の同量)に加えるだけで
香り豊かな土佐酢が出来上がります。

今画像を見直したら全部同じ器に盛られてることが判明。(笑


wara1.jpg

去年作った「わらびの醤油漬け」の改訂版。

?わらびは重曹をふりかけ、浸るほどの熱湯をかけてアクを抜きます。
(熱湯を沸かしてそのお鍋の中に入れると柔らかくなりすぎるので注意。)
アクがでて湯が冷完全に冷めたらきれいな水にかえて半日ほど置きます。
?わらびを5センチほどに切り揃え、再びさっと熱湯で茹でザルにとります。
?わらびが被るほどの漬け汁を作ります。
酒1:醤油1:みりん1を鍋に入れてひと煮立ちさせ、火を止めてから生姜の
千切りを加えます。冷めたら?のわらびを漬けます。

すぐにでも食べれますが、翌日は味が更に滲みて美味しくなります。
作ると即日なくなるので定かではないですが数日は冷蔵庫で持つと思います。


【西川産業】快眠モニター募集!【高反発マットレスDORMEOドルメオ】


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

しゃきしゃき!きのこご飯
末娘も大学が始まってやれやれ。昼夜逆転してたからね。
そんなに寝てもったいないと思わない?と聞くと、
「なんで?すっごい幸せを感じてる。」らしいです。
聞くだけ野暮だった。

土曜日も文化論の授業をとっていてお弁当を持って出かけました。
教室に入るとおじちゃんやおばちゃんがいっぱい居て、
教室間違えた!と思ったら、一般の人も授業を受けられるのだとか。
来週から一緒に行きたいと言ったらレポートの提出があるよとの事。
めんどうだな・・・やっぱりやめておこう。(笑



kinoko2.jpg

シャキシャキ!きのこご飯

CHIXIさんがアップされたのを拾わせてもらったもの。
随分前に作ったものですが、なかなかアップ出来ずに今頃です。
元祖CHIXIさんのレシピはこちらから。
CHIXIさんのレシピはここに鶏ミンチも入っていましたが、この日は鶏の唐揚げも
作ってたので昆布、鰹節で出汁を効かせて、あえてきのこだけで作ってみました。
ポイントはきのこ類だけを別に煮て後入れするというものです。

*ご飯五合に対して入れたもの
舞茸2袋、しめじ2袋、人参2/3本、松山揚げ1袋、出汁昆布

?鰹だし、醤油、みりん、塩、酒を煮立たせきのこ類を煮ます。
人参も形を崩したくなかったので一緒に入れました。
煮えたらきのこと人参を取り出しておきます。
??のきのこを煮た汁を冷まして昆布と一緒にお米にセットします。
?松山揚げは一番上に。


matu2.jpg

おなじみ松山揚げ
松山揚げというのは薄くて存在感がないのに優しい口当たりと
旨みが絶妙なのですよね。(愛媛県人推奨)


kinoko1.jpg

炊き上がり図。松山揚げがご飯に膜を貼ってる感じです。
(混ぜれば簡単にほぐれます。)


kinoko3.jpg

少量なら炊飯器の中で混ぜればいいけど、圧力鍋いっぱいに炊いたので
寿司桶(本当はそば打ち用のこね鉢)にいったん取り出して、きのこ、人参と
混ぜ合わせました。後入れしたきのこがシャキシャキして本当に美味しい。
今度はここにホタテかなんか入れたら最高でしょうね。
家族にも大好評?これはちょっとすごい裏ワザですね。




shi2.jpg

ブロ友、ちこさんからシフォンケーキの宅急便が。就職祝い?(笑
これもアップできてないどころかお礼も言ってなかった!ひどい!
この場を借りて、ちこさん有難う?ちゃんと届いてます。

静岡の「杜屋」さんのものだそうで、地産地消のように静岡産のものが
色々と使用されています。発送の当日に焼くというのにもびっくりです。


shi3.jpg

shi1.jpg

とっても優しい味です。
しかも昔懐かしいような感じがするのは自然な物を使ってるからでしょう。
そして、こんな柔らかいシフェンケーキは今まで食べたことがありません。
バニラビーンズも優しく香ります。家にある粉砂糖をかけて戴きました。


ku11.jpg

ケーキの箱の奥に可愛い封筒が入ってて、チルド便できたのに
ドライアイスも入れてくれてると思い、捨てる前に一応中を確認。
なんと焼き菓子(クッキー)でした!胸を撫ぜ下ろした瞬間。(笑

ちこさん、おおきに。何でこんな静岡の美味しいお店知ってるん?


ポッコリ・摂り過ぎ・つき過ぎの方の健康サプリ♪ 『仙鼎健寿』1ヵ月長期モニター


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

砂肝の醤油漬け
すっかり春めいてきました。そよぐ風も気持ちがいいですね。
土の中から茗荷も顔をだし、我が家の植物達も一斉に芽吹いてきました。



buru10.jpg

buru11.jpg

ベランダでブルーベリーの花が沢山咲いています。
ピートモスを施して鉢も大きくしたら去年の何倍もの花が生りました。
これはほぼ母が水遣りがてらに食べてしまうんですが。(^^ヾ



ma20.jpg

「猫は見た!」みたいなショット。
子供はこういうのを撮るのがうまい。マロ、牙が見えてて猫相が悪い。(笑


ma1.jpg

で、その後は並んで思案げな二人。

マロ 「姉さん、今日はオカンが砂肝を捌いてまっせ・・・」
アイ 「あら、私たちにはあたるのかしら?」

なんてことは言ってないやろな。多分。




zuri4.jpg

砂肝(砂ずり)を800gほど買ってきました。(ちょっとグロ画像かな?)
砂肝って処理してないと丸い山がふたつ並んだ形をしていますよね。
銀色の部分を切り取り、丸い部分は半分に包丁を入れて処理します。


zuri2.jpg

砂肝の醤油漬け

↑の画像の左の赤い方は熱湯でさっと茹でてザルにとります。
生姜の千切り、醤油、酒とハチミツ少々、七味で漬け汁を作り茹でた砂肝を
漬けておきます。味が馴染んだら食べれますが、翌日は更に美味しかったです。


zuri1.jpg

↑の右画像の銀色部分は胡麻油で炒め、醤油、塩コショウ、山椒、酒、七味で
仕上げました。コリコリしてて絶品。こっちのオマケのほうが好評だった。(笑


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

三陸ワカメのしゃぶしゃぶ
新しい職場の女の子の一人が突然やめてしまったり、お母さんが倒れて
お休みの人がいたりして恐ろしく忙しい。
最古参お局嬢は何故かこのおばさんには優しい。
仕事には厳しいとは思うけど、最初に耳打ちをしてくれた人達が言うほど
情け容赦のない人でもないと感じる。
要はとらまえかたなのでしょう。妙に先入観を持って当るのはいけない。
今日も一日、この不出来な新入社員に対してくれて有難うと感謝をします。
齢五十にしてようやく人生を悟ったか?(笑



sakura11.jpg

仕事の帰り道。
いつもこの桜並木を通っています。
こっちは地下鉄へ続く道。
交差点を挟んで反対側は私鉄へ続く道の桜通りで何故か桜の木に提灯が
ブラブラしててロケーションが悪い。自治会かなんかの決め事なのかな?


sakura10.jpg

見上げて桜写すおばちゃんに高校生の不審な顔つき。(笑





syabu1.jpg

tomokeさんが三陸ワカメのしゃぶしゃぶが美味しいと教えてくれたので
我が家では珍しいしゃぶしゃぶ。
この間からこのワカメを見ると我が家のお姉ちゃんが異常に反応を示す。
そんなにワカメ好きだったのか。
四半世紀も付き合って同じ食卓を囲んでるのに全然知らなかった。
山盛りワカメを食べて身体の中がすっきりした感じ。


buri.jpg

最近見つけたお店のブリ半身を皮を剥いでもらってお刺身にしました。
こりこりしてて本当に美味。何と言う贅沢。半身1200円だけど・・・(笑


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

「枕崎産極上鰹のたたき」とサルボウ貝
コメントを戴きっぱなしでごめんなさい。
毎夜爆睡の体たらくでPCに辿り着けない日々が続きました。
新しい仕事にも慣れてきたのでそろそろ復活せねばですね。

ご心配いただいた血液検査は去年同様に全く優等生な結果でした。
前回少し低めだったコレステロール、中性脂肪、血糖値なんかは
真ん中の基準値に位置していましたが、これは良いのか悪いのか?
メタボっ腹に係らず中性脂肪が基準値とか、因果関係はないのか?
関係各位様がいらっしゃったらお伺いしたいものです。(笑


このブログ記事の最後の辺りにモニター募集のリンクを時々貼り付けて
いますが、これはこのFC2ブログに広告があったモニプラさんのもので
新着メールが届いて試してみたいものがあったら応募しています。
前回の横浜文明堂さんのカステラもそうですが、私は結構な確立で当選
していて、今回は「鹿児島枕崎の鰹のたたき」のモニターに選ばれました。
5名の当選に623名の方が応募されたとのこと。
これはブログを拝見させて頂いてとのことでしたので、食べ物ブログも
時には役に立ちますね。(笑)有難く頂戴致しました。
他にも色々当たっているのですが、まだアップできていません。
リンクを貼り付けている記事を見かけたら皆さんも応募できますので
運だめしにどうぞ!



tataki3.jpg

鹿児島は鰹節でも有名ですが、枕崎は鰹節生産量日本一だそうです。
ウェルテクスさんが「博多海坊主」という通販サイトでこの鰹のたたきを
販売する前のモニターに選ばれたという訳です。
HAL画像より本家のウェルテクスさんの画像の方が美味しそうなので
そちらを見て戴いたほうがいいかも。(笑

青塩、新玉葱、茗荷などの薬味と先般塩漬けしていた三陸のワカメも載せ。
にんにくもトッピングしたかったけど、平日でしたので已む無く。


tataki1.jpg

実は応募したときに「美味しい鰹のたたき食べたことがないかも!」なんて
書きましたっけ。(笑
どうも鮮魚売り場の真空パックに入れられている鰹のたたきに触手が伸びず
我が家ではあまり食卓に上りませんでした。
これは一本釣りのものを船上凍結させて新鮮さをキープしているとのこと。
モニターなので忌憚のないところを書かせてもらうつもりですが、
先ず鰹の色がとってもきれいなのに驚きました。
とろけてしまう程の柔らかさの上に、捕れたての新鮮さが口の中に伝わり
とっても贅沢な味わいです。


tataki2.jpg

いつものように青紫蘇に包み、自家製柚子胡椒を載せて、自家製ポン酢で
食べてみても美味!(そりゃ美味やろ。笑
鰹のたたきの良いところは生野菜も同時にたっぷり食べれるとこでもあり
今更ながらですが、これは食卓にも載せていかねばなりませんね。
以上、簡単ながらモニターレポートでした。とっても美味しかったです。


akagai2.jpg

赤貝の種類のサルボウ貝というのが売られていました。見たのは初めてです。
これは岡山産ですが、今や貴重種らしくこんな大阪まで出回る事はないそう。
魚屋さんのお兄ちゃんにどうやって食べるのか聞くとお味噌汁にと言います。
酒蒸しは?と聞くと頭を捻ります。きっと本人も分からないのでしょう。


akagai3.jpg

地元での食べ方を調べると、赤貝(サルボウ貝)は煮付けが一般的なようで
貝をよく擦り洗いして暫く塩水に浸してから(藻とか沢山でました。)、
酒、白だしを少々入れ、蒸し煮にしました。アサリよりはアクが多いですね。


akagai1.jpg

マクロでよると湯気で曇りましたが、きれいな赤い色をしています。
食感はコリコリしてて食べ応えがあります。生から中身を剥いで貝ご飯に
すると美味しいでしょうね。
地元では大きめのものをお刺身でも食べるそうですが、素人としては
やめておきました。(笑


sumiso1.jpg

いかなごは少し大きくなったので釜揚げで売られています。
先日の塩漬け三陸ワカメと一緒に辛子酢味噌和えにしました。
茎部分は縦に細切りしてから水に浸し塩を抜いています。
kebaさん流で寿司酢に味噌を入れ、辛子、レモン汁も足し、バーミックスで
攪拌した簡単辛子酢味噌です。


味噌もマヨネーズもラー油も!なんでもおうちで手作りできちゃう!レシピ本プレゼント


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。