2007/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真竹の炒め物とオムライス。
暑いですね?というのが挨拶になってきましたね。
毎朝5時頃に起きるのですが、既にその時点で29度になってました。
暑くて目が覚めるという塩梅で目覚まし時計いらずなこの頃であります。

鬼門の歯医者通いもようやく終盤を迎え、根っこの治療というのは文字通り
根気のいる作業で、コートを羽織っていた時分から既に夏を迎えてしまいました。
その間の待合の楽しみにNANAを読んでいたわけですが、この期に及んで
何と15巻がない!(T T)
端折って16巻を読むと、その15巻で何が起こったのかとやきもき。
待合の本棚から15巻を持って帰った人、早く返してください。
早くしないと鬼門通いが終わってしまうぅ。。。(笑


真竹のナンプラー炒め。
大量の真竹を消費するために毎日せっせと筍料理を作っています。
それも飽きてきた今日この頃。
冷凍庫の鶏ミンチも危ういので少し目先の変わったものにしてみました。

?鶏ミンチに塩コショウ、土生姜とにんにくの摩り下ろし、胡麻油を
揉みこんでおきます。
??の鶏ミンチをフライパンで炒め、茹でてアクを抜いた真竹を炒め合わせます。
炒まったら、酒、ナンプラー、きび砂糖少々で仕上げます。

これいつかetokoさんに教わった高山なおみさんの豚の生姜焼きにヒントを
得ています。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもなりました。



ヘルメスソースで作ったオムライス。
休みに末娘がオムライスが食べたいと言うので冷蔵庫のありあわせで作りました。
スライスした玉葱をよく炒め、完熟して柔らかくなってしまったトマトを
おろし器でおろし(皮はおろし器の上に残ります。)、ヘルメストンカツソースを
適宜入れ、水少々とブイヨンでソースを作りました。
味を見て塩コショウを足します。白しめじも入ってます。(ぶなぴーという愛称らしい。)
ヘルメストンカツソースはフルーティなので、これだけで美味しいソースに
仕上がりました。

中のご飯は玉葱、鶏肉、パプリカと炒めて軽く塩コショウしただけのもの。
その上にのせる卵は1人分2個を撹拌してバターでふわふわっと半熟に
仕上げています。

「お昼はオムライスでいいから。」なんて手軽に言ってくれるけど
見た目以上に作業工程が多いんだから。食べるだけの人は幸せだっ ! (笑

スポンサーサイト
奄美ふたたび。
梅雨らしい日々になっていますね。
これで水不足も少しは解消されるでしょうか。

先般の大学見学ツアーの帰り、自転車のハンドルにかけてたお土産の紙袋が
走ってるときに破れてしまい、道路に散乱してしまいました。
私よりも道行く人達が慌てたようで大騒ぎになり、一体何が起こったのかと
思ってる内に意識もなく自転車ごと倒れていました。
もう呆然で、痛いやらカッコ悪いやら。
最近、ご近所のおばちゃんが自転車で初めてこけて、それもこけるシュチュエーション
でもないのにと自分の老媼ぶりを嘆いておりましたが、まさしく運動神経にズレが
生じているようであります。


昨年、鹿児島の豚味噌で作るゴーヤの奄美料理を載せた事があります。
豚味噌はどこでも置いてるものではないので鯛味噌で作ってみました。

ゴーヤは白いワタをスプーンできれいに取り去り、スライスし、塩をしておきます。
沸騰したお湯にそれごと投入し、再度沸騰したらすぐにザルにあげ冷水にとり
水気を絞ります。パプリカとゴーヤをサラダ油(胡麻油)で炒め、包丁で軽く叩いた
蒸し大豆を加え、塩コショウ。仕上げにお酒少々でのばした鯛味噌を回しかけ
ひと炒めで出来上がり。(赤パプリカも加えたらもっと情熱画像になるかも。)
簡単だけど、コクがでてゴーヤの苦さも適当に逃してくれます。

画像でかいです。新しいカメラと格闘してサイズ設定がワケわからんです。
HALも老媼であります・・


普通のお味噌汁です。(笑
生のアオサが売られていました。
私の生まれ育った大分では乾物のアオサをよく使います。
生はまたひと味もふた味も違いますね。末娘が美味しい!とうなりました。
もう彼女を基点としてご飯作ります・・


アップに耐えれない盛り付けです。(笑
田舎から真竹が届きました。真竹は今頃がシーズンとなります。

ichijoさんのレシピより「筍の炒め煮」

アク抜きをした真竹を胡麻油で炒めます。
(我が家ではマルホンの香りが勝たないのを使っています。)
通常の筍なら一口大の乱切りにします。(ichijoレシピ記述。)
戻して洗った刻み昆布を入れ醤油、みりん、酒で調味します。
冷凍しておいた青実山椒、鷹の爪も加えています。最後に鰹節を加えて。
昆布と鰹節からダシがいっぱいでるので薄味に仕立てます。
ぴりりと美味しい炒め煮に仕上がりました。

←これが真竹です。













彼のレシピを読んでて久しぶりに大笑いしました。こちらからどうぞ。

世間にはお料理上手な方が沢山います。
リンクさせていただいてる方だけでもプロのような仕事っぷりに惚れ惚れします。
私は手抜き足抜きな輩ですが、ichijoさんの記述のようにアバウトなレシピは
チャレンジされる方の創作力に頼って楽しいですよね。
ichijo&halの「そこんとこ考えて作ってください!」レシピ本作りたいです。
スポンサー募ります。(笑

酷暑の京都奈良バスツアー
昨日は末娘の高校から同志社大学京田辺キャンパスへの見学ツアーでした。
昨年の龍谷大学瀬田キャンパスといい、もうちょっと現実味のある所へ行ってくれい!
というお母様方のご要望でしたが、ほぼ無視して企画係りは進行します。
い?え、龍谷でも同志社でも我が高校の先輩達はちゃんと在籍しています。(笑


目に写るのは広い空と樹木の自然だけです。山一個分が全て同志社大学です。

同大学の学生ガイドさんが広いキャンパス内を案内してくれました。
真面目で、それなのにウイットに富んでいて素敵な女の子ふたり。
創立者、新島讓の魂があちこちに息づいていて本当の意味での学び舎だと
感じました。そう思うと、先般の不祥事で傷ついた学生も多かったことでしょう。


と、受験するかしないかは知らねども、ご一行様は一路奈良ロイヤルホテルで昼食。

ビールがでない。ビールがでない。ビールがでない。ビールが・・・・・・・・・・・・∞

で、ビールもない昼食を堪能した後は、いざ!「あじさいの寺、矢田寺」へ!

しかも、

ピーカン!

写真は涼しげに写っておりますが、目も眩む超真夏日の午後2時であります。
なのに添乗員さんはこの200段の石段を登れとな?本気で言うとるんですか?




強い日差しでうまく撮れていませんが、群生する矢田寺の紫陽花。
8000株、60種類もの紫陽花が植えられています。








ぜんぜん美しさが伝わらないところが素晴らしい。(笑)

紫陽花も暑さでおじぎしてました。
小雨くらいのほうが風情があって良かったでしょうね。
紫陽花の印象よりも石段で大汗かいた矢田寺という思い出になるでしょう。


Tags: 
やみつきタレ?と紫陽花たち。
なんだか今年は植物が元気なので撮るのも楽しいです。


これ四季咲きの苺なんですが、毎日1つづつ赤くなります。
赤いけどかなりすっぱい。朝水やりの時ついでに食べると一気に目が覚めます。
ナメさんが来たら嫌なので吊るしてあります。

セージ。
今年は花も葉っぱもすごく大きいのです。
これはほっといても必ず毎年花を咲かせてくれる優等生です。

この間実家に帰った時にあまりに立ち姿が綺麗だったので子供が写したもの。
コントラストがなかなかいいですよね。

墨田の花火。
今年、うちの墨田の花火はガク紫陽花の勢いに負けてしまったのか蕾つかず。

今年は恐ろしいほど花をつけた我が家のガク紫陽花。
近所の人が今年はすごいね?と声をかけていきます。

これは主人と共に私のところへお嫁にきたサボテンです。
(何ゆえに独りサボテンを愛でていたのか皆目わかりませんが。)
なので25歳くらいにはなっているでしょう。
一度だけ花を咲かせたのを見たことがあります。貴重なショットです。(笑
おばあさんがコサージュつけてるみたいに見えて可憐です。
今度はいつお目にかかれるでしょうか。

昨年植えた青紫蘇からタネがこぼれたようです。
知らない間にあちこちに青紫蘇が芽をだしていました。大きくなるのが楽しみです。



何の料理ネタもアップしてない今日この頃。
そう言えば長く牛角にも行ってないな?なんてことを思いつつ。
こんなものを発見しました。かなりにんにく効いてます。
胡麻油と胡麻を足すのだそうです。ついでにレモンも足しました。
味が濃いので少し控えめに使うほうがいいようです。

毎日わしわしキャベツ食べてますが、たまにはガツン系の味もいいです。
でも、やみつきにまではならないだろうな・・


末娘のPC。
去年、末娘は高校の入学祝いに兄に白いノートパソコンを買ってもらったんですが
この春に壊れてしまいました。
保証期間はギリギリ残ってたので無償修理なのですが、マザーボードを交換しても
常時起動できないという現象は改善されません。再び修理へ。
そしてまたマザーボード交換。そしてまた同じ現象。
仕事中に繋がらないサポートに何度電話したことでしょう。
さすがに3度目は、「マザーボード交換するだけじゃなくちゃんと見てくださいよ!」と
母は怒鳴ってしまいました。(ウソです。やさしく怒りました。)

昨日留守電が入っていて、「新しい商品と交換させていただきたいのですが・・・」
他のPCにデータを移してあるので全然問題ないと本人は言ってますが
ただ、末娘のPCは「小雪」という名前がついてるので、小雪がいなくなると思うと
寂しいらしいです。(アホか・・)

「PCってこんなに簡単に壊れるものなん?」by末娘
「壊れへんと新しいの売れないやん。」by母
「ていうか、他に問題があるような気がする。」by姉

そして姉が差し出したUSBメモリにとある画像が。















「いっつもアイの寝床になってたし。」by姉



抜け毛の季節だしね。
PCは精密機械だっていうことを忘れてる。



カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。