2007/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロッケが食べたかった今日この頃。
ツケの溜まった身体のメンテのために歯医者さんだのなんだのと病院通いに
余念がない日々なんですが、昔から「医は仁術」なんてことを言いますよね。
「仁」は情けだとか思いやりという意味でしょうか。

どうも精彩をかいてしまった私に、とある病院の某先生のところに行きなさいと
母代わりでもあるご近所のおばさまの言う。
大きな病院というのは時間がかかって半日潰れてしまうので足が遠のく訳でもあります。
私よりうんと若い先生でしたが、優しい面差しで微にいり細にいり問診をし、
治療の指針をきちっと打ち出してくれました。
ひどく納得のいくもので、「先生これでほっとしました。」と、思わず。
「今日は沢山薬を出しましたが、今度くるときは半分もいらなくなっているでしょう。」

不思議なことに翌日から目に見えて体調がよくなってくる。
今迄飲んでいた薬のせいで心臓がバクバクしてたのが一気に治まる。
最新の医療に仁術が加わると最強の治療にになるというとこでしょうか。

大袈裟に書いてしまいましたが、今は萎えていた気力体力も回復してます。
信頼できるお医者さんはなかなかに多いなというお話をしたかったんですが。(笑)


















そんなことでコロッケ
ご近所さんが時々遠征をしたとき、お土産に美味しいと評判のお肉屋さんの
コロッケを生のままで買ってきてくれます。
それがひどく恋しくなって脳内コロッケに占領されてました。(笑)
お洒落な洋食屋さんのコロッケではなく、薄い小判型の少し甘めのコロッケ。

ジャガイモは茹でてこふきにし、マッシャーとかで潰します。
ひと欠片バターが残ってたので熱いうちに加えました。
みじんにした玉葱を炒めてミンチ肉を加え更に炒めます。
塩コショウ、そしてきび砂糖を隠し味に入れるとあのお肉屋さんの味に。
小さめの小判型にして(衣をつけると大きくなるので。)粉をはたき、卵、パン粉。
コロッケって簡単なのに何ゆえに面倒なのでしょうね。

















家族はヘルメスやらお醤油やらそれぞれ思い思いに食べるのですが、
今日はオマケにタルタルソースも。
タルタルソースと言えば魚介系でしょう!なんて堅い事は抜きにして・・・
いえ、タルタルソースが食べたかったんです!(笑)

玉葱みじん、ゆで卵みじん、今日はピクルスがなかったのでケッパーをみじんにして
マヨネーズ、塩コショウ少々、レモン汁少々で和えました。

お天気いいですね?春の日差し。洗濯日和。

スポンサーサイト
アイが溺れた日。ネコは泳げんの?























折りしも世界フィギュアでミキティが栄誉に輝いた夜更けのこと。
その流れで遅くまで起きていた子供がジャブジャブという物音を聞く。
お風呂場を覗いてみると湯船にあっぷあっぷの猫一匹。撃沈寸前。

猫のアイはお風呂が大好きである。
だいたい拾ってきたノラ猫というのは最初にお風呂で洗礼を受ける。
拾った日から私達を引っ掻き続けたくせにお風呂では抵抗しなかった。
気がつけばいつもお風呂場の前に座っている。
お風呂に入れば、ガラス越しにアイが必死にドアをこじ開けようとする影が見える。
アイにとってお風呂は憧れである。
思わず飛び込んでしまったのか、足が滑ったのか、
何ゆえにお風呂のフタが開いたままだったのか(謎のままではあるが、

溺死せずに済んだのは世界フィギュアを盛り上げてくれたミキティのお陰とも言える・・

なのに、なのに!懲りない猫は今日も風呂場に佇んでいる。

と、ネコ小ネタで始めてみました。


そして、本当にお料理ネタもないのでお昼ごはんでも載っけよう・・













土曜日のお昼ごはん。
大山ひね鶏と大山玉子で親子丼を作ってみました。
家で丼物はほとんど作ったことがないんですが
玉子のじゅるじゅる加減が案外難しいですね。
ツユダクにしないと食べれない人間でもあります。















日曜日のお昼ごはん。
桃華園の長崎皿うどん。
とろみがセットされてるので何のワザもいりませんねぇ。。
エリンギと椎茸をいっぱい入れてみました。

私は油で揚げた麺が子供の頃から苦手で、チキンラーメンとか
ベビースターとか、大きくなってはカップヌードルも食べれなかったんですが
最近はとんと雑食になってしまって食べれないものがなくなりました。
ウスターソースだけが今でも苦手かな。
母が苦手だと子供も全員苦手で面白いものです。
これだけはどうしても食べれない!なんてものありますか?


鍋とビールと、ときどき純米酒。何のこっちゃ・・
TVのドラマを見るなんてどのくらいぶりでしょう。
東京タワーの最終回を見て大泣きしたオカンここにありき。
倍賞さんがお幾つになられたのかは知らないのですが、深く刻まれたシワが
この東京タワーのオカンそのもので素敵でしたね。
浅田美代子さんも普通に素敵でした。歳を重ねるのも何と良きことかな。
もちろんマー君もベタ過ぎてとっても素敵でした。


以前にハマってしまった美味しい簡単常夜鍋。
これは土屋氏が紹介してたのですが、休日の夕方に手間をかけずに
ビール飲むための必殺技とも言えます。













元々は小松菜と豚バラだけの鍋なんですが、
我が家ではしゃぶしゃぶ用の豚肉にして固い木綿豆腐を用意します。
鍋に昆布をひき、水とお酒を1:1の割合で入れます。
(本日、山田錦の純米酒。何も足さない純米酒がいいのだそうです。)
お酒が煮きり昆布から出汁がでたところで、しゃぶしゃぶの要領で自分が
食べる分だけの量を入れます。
食べてはまた放り込むという過程はダラ?と飲み続ける飲兵衛にはうってつけかも。
小松菜は3等分位にして固い部分と葉の部分を分けておくと食べる人が火の通りを
加減できるのでいいと思います。長めに切っておくと楽しいかな。














うだうだビールを飲みながら豆腐をつつく。何と言う幸せ。(笑)

















またこのポン酢が旨い。微妙な辛さが絶品。














相変わらず〆の画像はピンボケです。
小松菜の代わりにホウレン草なんかでもいいかもしれません。
とにかく簡単なのが嬉しい! いや、楽しい!

Tags: 
沢庵漬けと白菜漬けの完成です。
昨年の夏、オリーブの木を一本枯らしてしまってyukidarumakoさんに「あんな丈夫な木を
枯らすなんて」と、お叱りを受け(ウソです。笑)、出先で枝ぶりのいいのを見かける度に
買い求めました。オリーブは自家受粉しにくいそうで、品種の違うものを2?3本植えるのが
一般的だそうです。これは3本をひとつの鉢にまとめたものです。
枝がひろがり新芽が出てきて少し元気になってきたかな?
初夏に花が咲くのですが、今年は無理でも来年あたりはたわわに実る事を願って。
その前に水不足で枯らさないようにしなきゃ。

ここ暫く寒い日が続きますが、植木の手入れをしていると通り行くご近所のおばさまがが、
「そうやってあなたが植木の手入れをし出すと春がきたなあって実感するね」と笑ってます。
寒い啓蟄でしたが、春になれば虫も人間も暗い土の中から蠢きだすのは同じようです。















さて、先般の沢庵漬けですが、もう古漬けに近いくらいに漬かっています。
一応な漬け方を書いておきましょうか。
大根は小ぶりなものを求めます。ベランダなんかでクネ?となるまで干します。
干しあがったものはシワをとるため塩をふり、まな板で板ずりします。
炒り糠、塩、昆布、鷹の爪、砂糖、あれば干し柿を作るときにでる剥いだ皮を干したもの、
(色を付けたい時はサフラン少々)を混ぜ合わせ、容器の底、大根一段づつに万遍なく
被せていきます。大根は柔らかくなっているので容器にそってまあるく隙間なく
重ねていきます。最後に重石をして水が上がるのを待ちます。


アバウトすぎてわかんない!と思われることでしょうが、大丈夫!
それでも沢庵は見事に出来上がるのです。分量も結構いい加減だよね?(笑)
去年の沢庵漬けの様子はこちらより。こっちもありました。














玄米生活を始めて久しいのですが、玄米に非常に抵抗する輩が我が家にはいまして、
以前、少しでも身体のためにと、五分つき、七分つきのご飯を炊くために精米機を
買いました。八合ほどのお米を七分つきにしてもこんなに糠ができるのですね。
そして、その糠をせっせと利用しています。

そして白菜漬け。
ジャンボ白菜をいただいたのでそれを八等分にして二日ほど干しました。
それを沢庵漬けと同じ要領で糠をブレンドし、白菜一段一段に振りかけていきます。
重しをして二日位で水が上がりました。
白菜は沢庵と違い、水が上がってから数日で食べ頃になります。











↑きれいに撮れている画像がないのですが、こんな感じでブレンドした糠を一段づつ
かけていき、重石をのせて水が上がるのを待ちます。
それから、漬け上がっても重石は食べきる最後までのせたままにします。沢庵も同様。

そして漬け上がり。
見た目は全然スマートじゃないですが、母達が漬けていた昔のまんまのお漬物です。
もし白菜の塩が効きすぎていたら、洗った後に株ごと水に5?10分位浸しておいたら
いいでしょう。冬の白菜は甘くて本当に美味しく仕上がりました。
自画自賛はいつもの事ですが、嬉しいと調子こいて沢庵と白菜をセットにしてご近所めぐり。
何と言っても、普段私の料理を褒めることのない主人が、「久しぶりに旨い沢庵食べたな?」
なんてことを言うものですから加速度つけて鼻が高くなり配り歩いたという。(笑)
そこの旦那様、奥さまの料理は絶対褒めなくてはいけません。
褒めて育てる。これ基本ですからね。

チャイナベーコンといかなごの釘煮
寒い日が続きますね。
クリーニングに出したコートをまた引っ張り出すという塩梅で、
暖かくて動きやすかった冬が恋しい。(笑)

身内でお酒を飲みながらのんびり美味しいものを食べようと計画して
週末出かけてきましたが、お目当てのお店が満員で、計画してた割りに
予約すら入れてない事に皆からブーイングを受け不本意ながらしゃぶしゃぶ屋さんに。
和牛のコースをお願いして、サシがきれいに入ってるなあなんてことを言っていたのに
宴の進んだ途中からサシもな?にもない赤いお肉へと変化していくのですね。
何度頼んでもそれからは最初のお肉とは明らかに違う。
あの酒飲みの卓はもう和牛か何かわからないから適当に持って行けと思われたのか
そういう店の方針なのか、ちいとムカつきました。(笑)


←証拠写真。
(載せるなって)








と、どーでもいい前振りは置いといて。。。
チャイナベーコンというのが一時あちこちののブログを賑わせていました。
















豚バラをお醤油に一日浸しておきます。本来は中国のお醤油を使うようです。
















ジップロップのようなものに入れて空気を抜いておくと万遍なく浸ります。





















一日お醤油に浸しておいてから水分をキッチンペーパーで吸い取り、
三日間干します。
私はベランダの奥のほうでブラブラさせていました。
↑引力の法則で伸びていきます。(笑)
三日間干したら蒸し器にウーロン茶を入れ蒸し上げていくのですが、
30分も蒸したらいいと思います。
それを料理に使います。

実は私が風邪で寝込んでいる間のことだったので、
ひとブロックは野菜炒めに使ったようです。美味しかったようです。
残りは冷凍してたのでキャベツとポトフもどきにしてみました。


















お醤油の味が勝つかな?と思っていましたが全然大丈夫。
中華鍋なんかで燻製にすると美味しいかも。
中華おこわにするのもいいかもしれない。すごい仮定で喋ってるぞ。(笑)
きっとお料理上手な人は色んな切り口で作られることでしょう。



















関西の今のシーズンは何と言っても「いかなごの釘煮」
「いかなごの季節やな?」
「いかなご炊く?」なんて会話はそこかしこで聞かれます。
いかなごは鮮度が命で如何に最短でとれたものを炊くかで味が決まるそうです。
私も10年近く毎年いかなごを炊いてきました。
今年はお砂糖を減らして柔らかめに仕上げてみました。
いかなごの釘煮はHALサイトこちらからどうぞ。

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。