2006/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほうれん草と海老のグラタン
ひさびさにアクション付画像が撮れたのに(photo by我が家の末娘)肝心のほうれん草が見えてない!
末娘のリクエストに応えて作った訣ですが、他の家族に何が食べたい?と聞いても、「何でもいい」とか「あるものでいい」という返事しか返ってこないので、我が家の食卓の方向性を握るのは彼女ということになります。何だかこの間もグラタン作ったような気がするなあ。(笑)

ほうれん草は下茹でして、ジャガイモは短冊状に切ってレンジで加熱。ホワイトソースに缶詰のマシュルームを加えたものと海老をのせてパルメザンをふっただけの簡単ヘルシーグラタンです。でもカロリーはあるよね。念頭ダイエッツの誓いは何処へ?


「生ハムとスナップ
エンドウのサラダ」

お正月用に買った生ハムの冷凍が残ってて、やっと陽の目をみました。冷凍ものって気合入れないと使えないのは私だけでしょうか?(笑) オリーブオイルと塩、コショウ、レモンだけの簡単サラダ。


「黒豆のおこわ」
以前、「おだいどこ日記」のmewさんが作られていて、我が家も黒豆ももち米も残っているから作ってみようと思っていたものです。

黒豆だけのシンプルおこわにする予定が冷凍してた松茸スライスが出てきたものだから、これを投入。依って、味もつけたので中華おこわみたいな色合いになってしまいました。黒豆入れた意味があったのだろうか?(笑)
冷凍室の奥にまだまだ謎の物体がフリージングされておりますよ。
私みたいなものぐさはフリージングしてることすら忘れるのでチルド保存くらいで留めるべきかもしれない。
スポンサーサイト
スピードクッキング編 エトセトラ
一日ひとつはアップしようと先週心に誓ったものの(笑)、仕事上アクシデント発生やらで遅い日々が続きました。食う、寝る、遊ぶ、という往年のCMは陽水氏だったかな?食う、寝る、朝がくるという不毛な日々も、ある意味規則的な生活と言えるかもしれない。(ほんまかいな?)

先週、一ヶ月ぶりに生協で食材が届いていたので、やおら賄いblogに相応しい有合せご飯になりましたが、見るに耐えうる画像だけ一挙アップ。

「かぼちゃ煮」
極ふつう。(笑) いつも面取りとかしてきれいに煮ようとしていたのですが、「ばーさんが」のcincoさん宅のかぼちゃが実にホクホクとあるべき姿で登場していたのが印象的で、最後に水分とばしてガガッと煮上げたら、田舎のお番菜みたく見た目も無骨で美味しそう。

「聖護院かぶらと〆鯖の酢の物」
京都は淀の美味しい聖護院をいただいてたので、生協で届いた〆鯖と合わせてみました。聖護院かぶらは京都の気候が作る柔らかくて美味しいかぶらです。私の記憶が確かなら、京都千枚漬けはこの聖護院で作ります。

「スパイシー豚バラ」
最近豚バラブロックにはまっておりますね。ひと塊あれば使いまわしが利くので助かります。これは1センチ厚さくらいに切り、塩、コショウ、ナツメグでしっかりコーティングしてフライパンで焼き、黄、赤、オレンジのカラーピーマンと合わせたもの。隠し味はホワイト六片にんにく醤油。激ウマ。

「おかひじきのにんにく醤油和え」
生協でいつも出回っているおかひじき。ミネラル豊富でさっと1分ほど茹でるだけでシャキッとした美味しい素材になります。この日はもやしを加えて軽く塩、コショウ、ホワイト六片醤油、胡麻油を少し足しただけです。にんにくもスライスして入れましたが、ホワイト六片はもうしっかり漬かっています。

「野菜と貝柱、海老のチャウダー」
これ昨夜作ったものです。賽の目に切った玉葱、人参を炒め、キャベツ、大豆の水煮も加え、ホワイトソースに牛乳、水を足し、コンソメ投入。最後に塩、コショウで味を整えます。時間のないときもあっという間にできる簡単仕立てですが、結構好評!(笑) そういえば、最近無添加のコンソメを売ってますね。コンソメ独特の臭み(?)がなく、非常に自然な味。て、今まで添加物いっぱいのコンソメを使ってたんだろうか。

「鮭のフリッターもどき?」
以前、「めざましTV」を見ていたら、エビの何とかを作るとき、エビを揚げるのに卵白を泡立ててるのを見ました。その続きは見れなかったのですが、鮭でチャレンジ。卵白3個分の緩いメレンゲに片栗粉を加えて衣を作り、塩、コショウ、お醤油、酒少々をした生鮭(一口大に切る)を揚げてみました。ふわっとしてるけど、片栗粉がカリッとさせていてなかなか美味。これはしっかり味がついていますが、薄味にしてピリ辛ソースと合わせるとご馳走になるでしょうね。
空気清浄機の謎。
朝のはよから宅急便屋さんが来て、子供がPCのメモリを頼んであるからという言葉を思い出し、はいはい?と出ると何やらブツがでかい。
あ、注番間違えて発注したな!と、子供に確認すると、「それ、空気清浄機。」との答え。何で君が空気清浄機を注文するの?と聞くと、ネット上で懸賞に応募したら当たったそうな。いくつかのエントリがあって空気清浄機に応募したらしいが、空気清浄機に応募する子供の心中がイマイチ解らぬ母ありき。
つか、宅急便屋さん、ドアの向こうで押し問答する輩に困っておられる。(笑)

これ、ちゃんとメーカーものの立派な空気清浄機です。我が家には2台の空気清浄機が現存しますが、15畳用ということで早速居間の古いものとチェンジ。
しかし、この人、よくよく懸賞ものに当たるのですよね。母は2、3年前にキティちゃんの掃除機が当たったきりかな?(しかも掃除機の役目を果たしません。)
皆さんの周りにもよく当たる人っているでしょ?あの運命の分かれ道というのは一体どこで決まるのでしょうね。
こんなところで人生の運を使い果たしてるんちゃうか?とは父親の弁。(笑)
ワタリガニのパスタ
先般より、ワタリガニをスープ、お味噌汁にして食していましたが、冷凍室の奥にまだ残っておりましたよ。再び解凍したら黒ずむかと思いきや、ワタリガニは大丈夫なんですね。で、お昼に作ってみました。

先ず、温めたオリーブオイルにみじんにしたニンニクと鷹の爪をいれて炒め、香りがでてきたらワタリガニを投入して赤くなるまで炒め合わせます。
白ワインを入れ、アルコールをとばしたとこでコンソメ、潰したホールトマト、パスタの茹で汁少々を加え、最後に塩、コショウで味を整え、茹でたパスタをからめました。(冷凍アサリも加えています。)

こんな作り方で合ってるのかなあと思いつつ、おそるおそる食しましたが、腕と関係なく、カニとトマトが美味しく仕上げてくれていました。

このところ脳内疲労が激しいのか、身体がお布団にだだ滑りして、とにかく睡魔に勝てません。早く春になって欲しいなあと願いつつ、それはそれで、ひねもすのたりのたりかなの日々を送りそうな勢いです。(笑)
Tags: 
沢庵漬けプチ完成
年の瀬に漬けた沢庵漬け。
水が上がっているか心配だったので、庭の片隅に置いていたカメをひっぱりだして覗いてみると、こんな感じでした。水もいっぱい上がって干して入れた柿の皮も真っ黒。
なんだか底から異生物でも生まれてきそう。(笑)

本格的に食べるにはもう少し置いたほうがいいのでしょうが、浅漬けも美味しいよねってことで、取りあえず一本取り出して試食してみることに。
干した期間が長かったせいか、それでも、手に取るとかなり柔らかく食べ頃っぽい様相。

失敗を恐れて塩を少々多目にしたので塩が勝ってる感じ、それでもあと2週間ほどしたら塩も馴染み、糠や柿の皮と調和がとれてもっと美味しくなることと思います。


取りあえず、でっかく切って御茶うけに。
尻尾の方だけ柿の皮で黄色く染まっていて、この斑も自然のもので漬けた姿なのでしょうね。無駄な甘みがなく、すっきりとした味わい。今月の末頃にはご近所にもお裾分けして、第2弾が投入できるかな?まだまだ柿の皮が残ってます。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。