2005/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手羽先と里芋の煮物
手羽先と里芋は相性がいいので定番おかずかもしれませんね。
手羽肉から旨みがうんと出るので割と失敗知らずなところもある煮物でもあります。
今日は買い込んで飽和状態になってる大豆のパッ缶と人参もついでに入れました。
この人参、生協で来たものですが金時かと思うほど赤い。

赤い人参と、このところの寒さは何か今年も押し詰まってきたぞみたいな感があります。
若い頃は、この押し迫る感が好きでしたが、最近はクリスマスもお正月もパスしたい。
歳を重ねどうも性格がのんびりとしてきたようで、気合不足も甚だしい昨今であります。

今さらですが、
作り方:
?里芋は皮を剥き塩でもんでぬめりをとって洗い流します。
?手羽先は内側に骨にそって切れ目を入れ鍋に油をひき両面を焼きます。
?里芋を加え出し汁をひたひたにはり、煮込んでいきます。
?アクをすくいます。ふつふつと里芋から出る泡状はきりがないので
残しておいても大丈夫です。(火を止めると消えます。)
このぬめりが肝臓にいいらしいです。(先日も学習しましたね、酒飲みは里芋食うべし。)
?お酒少々、醤油、砂糖、みりんを入れて味を整えます。
?里芋に箸が通ったらできあがり。
*少し甘辛いほうが手羽先が入っているのでいいかもしれません。
スポンサーサイト
お漬物あれこれ
今日は所用で一日出かけていて疲れてしまいました。
胃袋のほうも疲れているのか主人がお茶漬けでいいからと言うので冷蔵庫のお漬物を
総動員したら絵面が面白そうなので撮ってみました。

*茄子の辛子漬け:
これは我ながら美味しかったです。レシピいる?(笑)
*高菜漬けの油炒め:
お土産でもらったものですが、いつもこうしてしまいます。レシピはこちら
*胡瓜のQちゃんもどき:
これは開発途上。味改変の余地あり。
*茗荷の甘酢漬け:
普通に甘酢を作り鷹の爪を入れて数日おきました。焼き魚に添えてもいいかもです。
つうことは、らっきょう酢とか寿司酢に鷹の爪入れても同じになるかな?

*****************************************************
すみません。(^ー^)ゞ
レシピいる?とか聞かれたら「いる」と応えて下さるのが優しい皆様ですね。
では以下、作り方。

材料:
茄子、塩 
[辛子漬けベースの割合]粉辛子1、醤油1、みりん1、酢0.5、砂糖0.5
この割合で粉辛子を溶くように混ぜ合わせます。(こんな書き方でわかるかな?)
実際すごいアバウトな計り方をする人間ゆえ、味見した時点で足りないものがあったら
足してください。
作り方:
?茄子は縦割りに8等分して3センチ位に切り揃えます。
(半月切りとかでもOKと思いますが。)辛いので小さいほうが食べやすいです。
??をボールに入れて塩をふりボールをかえして塩を均一にし馴染ませます。
1時間くらい置いてから茄子を手でギュッと搾り水気をとります。
?ビニール袋などに?の茄子と辛子漬けベースを入れ均等になるようにビニール袋ごと
そっともみ合わせます。
*すぐにでも食べれますが、茄子から水分がでて粉辛子の粉っぽさがなくなり
よく馴染むまで袋の口を閉めて冷蔵庫に入れておきます。


水茄子のグリーンカレー
秋茄子まつりとかいうのをやっていて、そこに水茄子が鎮座していた。
水茄子に秋物があるのかっ?!と、ちいと叫んでみたい気もして、違うお店には
○○産の米茄子とPOPが立っているにも拘わらず、どうみても、これ水茄子じゃんと
再び叫びたくなり、(オバサンはうるさいわねぇ・・・)
と言いながらも、いっぱい買い込んだ訣ですが、先般買っておいていたグリンカレーキットも
あるので、お昼ごはんに水茄子を沢山入れて作ってみました。
ココナッツミルクもナンプラーもなんとか蜜柑のドライ葉っぱもちゃんとセットされていて
小学生にも作れる手軽さ。(グリンカレー食べれる小学生はそうそういないだろうけど。)

でもセットされてる葉っぱが、避けて食べるのが面倒なくらいに沢山入ってる。
しかも子供たちは激辛に恐れをなして昨日のお好み焼きの続きをしてる・・(笑)

でも茄子って不思議ね。お味噌汁に入ってるのが嫌だという人が多いのに
ミネストローネやグリンカレーにはすごく相性がよくて必須アイテムかのような。
茄子の起源はインドだったかな?それならグリンカレーに入れるのは合点が
いくけれど、ヨーロッパではポピュラーじゃないのに、でもイタリアでは消費されてて・・
混線したきたぞ。身体を冷やすといわれるのは万国共通のようではあります。
大阪お好み焼き事情
大阪人は「お好み焼き」にうるさい。しかも確固たるポリシーをみんな持ってる。
「お好み焼き」に関しては総カリスマシェフ状態である。(笑)
私は遅れてきた大阪人なので、方々で薀蓄を聞かされても「たかがお好み焼きじゃん」と
高をくくってた節もある。「今日の夕飯はお好み焼きにしよう。」と友人がいうと
何故にお好み焼きが夕飯になるのか?飯作りの姿勢まで疑ってしまったものです。(笑)

これは食文化の違いでもあるでしょう。
が、お好み焼きを「されどお好み焼き」にまで高めたのは大阪人の揺るぎない拘りの
精神であるに違いない。と、前フリはこのへんで・・

大阪の街はお好み焼き屋だらけです。でも全てが美味しいとは限らない。
HALご近所でも雑誌に取り上げられるほど美味しい行列のできるお店がありますが
こんな美味しいお好み焼き屋さんは稀だといっても過言ではないでしょう。
で、大阪人はいうのです。「やっぱ、家で作るお好み焼きが最高やわーーー♪」

お好み焼きがTVの料理番組で取り上げられることも多い。
大阪のタレントさんが寄ると薀蓄話は数限りないですが、必ず皆さんが言うには「天かす」と「山芋」が必須ということですね。某有名店の大将も同じことを言っておられました。
「天かす」が無ければお好み焼きを焼かないとまで断言していましたね。

私は広島にも住んでいたので、お好み焼きにはそばうどんを載せるのが慣例になってますが、大阪ではこれを「モダン焼き」と呼びます。
そばモダン・エビ入りお好み焼きを今日も焼きながら「やっぱり家で焼くお好み焼きが最高ね?」とつぶやくのでありました。
黒酢豚
今日、気合入れました。(笑)
以前に香酢を使うレシピを検索してて出会った酢豚なのですが、マジ美味しいです。
(画像が悪いので伝わりにくいかと思いますが・・)
酢豚は甘いのが定番みたいなとこがあって、ビール飲みながらつまむ分にはいいのですが
これがなかなかご飯のおかずになりにくい。パイナップルとか入ってると泣きが入ります。
(全国パイナップルファンの皆様ごめんね。)
ご飯に合って、肴にもなって、かつヘルシーでウマイと唸らせる酢豚です。
すごい自分で褒め称えてるようですが、これは元祖レシピが存在するのでその料理家の
方に敬意を表してですよ?(笑) 

でも私流にアレンジはいってますので苦情はHALまで。
以下レシピ。

材料:
豚肉(もも肉かヒレ肉)、山芋、玉葱、付け合せ用白髪葱
*合わせ酢(約4人分):生姜と長ネギのみじん切り、黒酢大さじ4(香酢でも国産でも)
醤油大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ2(甘目が好きな方は多めに。用意できれば黒砂糖)
塩少々、水大さじ2、片栗粉大さじ1
*豚を揚げる衣:水、片栗粉、油少々(とろっとした感じで)

作り方:
?豚肉は一口大に切り、酒、醤油を入れて馴染ませます。
?山芋は乱切り、玉葱は根っこの部分を切り離さず4?6等分(大きさによって変えてください。)
山芋、玉葱の順に入れ素揚げします。
??の豚を衣をつけてカリッと揚げます。
?フライパンor中華鍋に油をひき、合わせ酢を入れて、ソースがプチプチしてきたら
素揚げした山芋、玉葱?の豚を入れ混ぜ合わせます。
?器に盛り白髪葱を添えて出来上がり。

元々はお肉だけのレシピだったように思います。
山芋のほっこりとした美味しさがお肉によく合います。
パイナッポーはやはり入れないほうが賢明でしょうね。
カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。