2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茗荷まんじゅう
雨が降り続きますね。
先般の大雨強風でオリーブの花は大方吹き飛ばされてしまいました。
それでもくっついてるスズメガの幼虫って・・・箸で摘んだら液体をかけ
2本の触覚で威嚇するんです。
オリーブの花の色と同じで、白、黄緑、黄色が混色みたいになってて、
これが保護色でなかなか見つけることができません。
それに毛が生えてて、昨日より今日と瞬く間に成長し、見逃したら最後、
10センチ15センチと巨大化し・・・あ、もういいって?(笑



myoga1.jpg

茗荷の葉も大きくなってきました。
去年はあまり収穫ができなかったので、土を掘り起こして柔らかくしました。
こんな狭いところでプランター植えなのに、季節になるとちゃんと芽吹いて
いつも健気だなと感心します。

この茗荷の葉を毎年見るたびにご近所のおばちゃん達は茗荷まんじゅうの話を
します。子供の頃のおやつだったそうです。
暑くなる頃には茗荷の葉も年季の入った姿になるので綺麗なうちに摘みました。
そんなに摘んだら光合成ができないと子供が言ってたけど、どうでしょう?

※材料、作り方はこちらの熊本の名人に倣いました。餡子は酒屋さんで購入。


myoga4.jpg myoga5.jpg

茗荷の葉はきれいに洗って水を切ります。葉の裏側に丸めたお団子を包みます。
こんな感じで三角にしました。普通にくるくる巻いてもいいようです。


myoga2.jpg

蒸し器に湯気が上がったところできっかり8分。(と、名人が言っておられます)
といいつつ、10分蒸しました。(笑


myoga3.jpg

蒸しすぎるとこの葉の青さがなくなるそうですが、きれいに仕上がりましたね。
笹や柏の葉みたいに固くないので、冷めてくると葉にお団子がくっついてきます。
白玉粉の分量を減らして小麦粉を増やすといいかもしれません。
またその辺は来年の課題とします。何だかちまきみたいで美味しかったです。



recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ~の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

HBで作るガトーショコラ
子供達がバレンタインどうする?なんて言ってました。
どうも家用のバレンタインは自分達が食べるためのチョイスを考えてる様子。
お母さんが作るよって言ったらどうも不信げです。(笑


va2.jpg
夕飯を作りながらできる手軽さのガトーショコラ。
でも味はピカイチです。
ラッピングの事まで考えておらず、この間ちこさんに戴いたドーナツの箱の
リボンが可愛いくてとっておいたので、それで何とかしようと思ったものの、
やはり、何とかなりませんでした。(笑


va3.jpg

va1.jpg
チョコレートが濃厚なガトーショコラ。
焼いてる間、家中にチョコの香りが漂い、私はチョコ酔いしそうになりましたが
何のその、子供達はぜんぜん平気です。
一切れで十分堪能できるほどに濃厚なケーキですが、まさかのお代わり。
しかも、主人が会社で貰った義理チョコまで食べてました。若いって凄いよね。
普段は甘いものを一切食べない主人も義理で一切れ食べてましたよ。


HBで作るガトーショコラ

薄力粉40g、ココア10g(合わせてふるっておく)
ビターチョコ180g、生クリーム100cc
卵白2個分、砂糖60g(メレンゲ用)
卵黄2個分

?耐熱ボウルにチョコを割って入れ、生クリームを加えてラップをします。
500w?600wぐらいで1分30秒加熱し、泡だて器でよく混ぜる。

?別のボウルに卵白と砂糖を入れツノが立つくらいにメレンゲを作る。

?HBのパンケースに?と卵黄、ふるった薄力粉とココアを入れる。
HBの取説にもありますが、液体のものから順に入れると生地が混ざりやすい。
?ケーキコースを選択して9分経ったら?のメレンゲを数回に分けて入れる。

HBの機種によって機能が違ってくると思いますが、うちのは5分くらいで
具の投入の合図が鳴ります。具は入れないのでスタートボタンを押します。
そうすると、再び捏ねの作業に入ります。
メレンゲを入れたのち、ケースの粉をゴムべらで落としつつダマがないよう
また、混ぜむらがないよう手動で混ぜてやります。
一気に焼きになるので手早く。(粉落としの合図音がするHBもあります。)


?焼きあがったら取り出して網にのせて冷まし、粉砂糖をふって出来上がり。


文字で見るとややこしそうですが、実際はとっても簡単です。
うちの何もできない末娘が簡単やな?って。(自分で焼けよ。笑)


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : ケーキ
ジャンル : グルメ

X'masの苺シフォンケーキ
昨夜は大阪も雪が舞っていました。
皆が揃って食べることはできないけど、ささやかにクリスマスディナーでもと
作り始めたら、郵便局のバイトから帰ってきた末娘がぐだぐだになっていて
熱を測ると38度4分もありました。
前日の夜は明石家サンタを見ながら年賀状用のイラストをかいてたのにね。
そんなこんなで食べる元気もないだろうと、前日仕込んでいたものと、朝から
焼いていたオカン特製のケーキだけにしました。
まあ今日はバイトあかんやろね?まだ2日目なのに。(笑



chikin1.jpg

飯島奈美さんのクリスマスチキンから。

前日に仕込みます。
*漬け込みたれ
塩、水、生姜スライス、にんにくスライス、胡椒、酒、プレーンヨーグルト

このたれに、骨に沿って切れ目を入れた骨付きもも肉を一晩漬け込みます。
キッチンペーパーで水分を切り、薄力粉、強力粉、塩、胡椒を混ぜたものに
鶏肉を入れてまぶします。
フライパンに油を入れて熱し両面を焼きつけ、200度に余熱したオーブンで
更に15分焼いて完成。詳しくは「LIFE2」にて!

もうちょっと胡椒を効かしても良かったかな。美味しかったです。(^∇^v




paerya1.jpg

魚介のパエリャ
大分レモンをギュッと絞って。
チキンにパエリャ・・・この脈絡のないラインナップよ。



2010cake1.jpg

苺のシフォンケーキ

以前ちこさんから戴いた某お店のシフォンケーキがきび砂糖で作られていて
地産地消のふわっとジューシーな美味しいものでした。
そのシフォンをイメージして、沖縄の粗糖を使い極力甘さを控えて焼きました。
やっぱりメレンゲが命なのか、今日は右腕が筋肉痛になるほど頑張ったら
ほんとにふわふわに焼き上がり、オカンの面目躍如。

レジェールに倣い、シフォンの真ん中には生クリームを詰めてみました。
こうすれば、半分にスライスしてデコする必要もないですね。
お姉ちゃんから「うんまい!」とお墨付きをもらいました。
今日もまだまだふわふわ。フロスティングはなかなか上達しませんね?

しかし、某ヨーカドーの苺は半端なく高かった。
それもそのはず、この時期にこんな甘い苺を食べたのは初めてでした。(笑


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : ケーキ
ジャンル : グルメ

マンゴープリン
朝、扇風機の風の冷たさに目が覚めました。
日中は相変わらず34度35度という気温ですが、束の間の涼しさだけでも
身体がほっとしますね。こんなに秋が恋しいことがあったでしょうかね。



manpuri2.jpg

manpuri1.jpg

マンゴープリン

沖縄の叔母が夏の定期便として送ってくれるマンゴーを
こともあろうか1ヶ月以上冷蔵庫の中で放置してました。

まだ食べてないの?食べ頃を送ったのよと叔母から言われたのが
8月の初め頃。先々週かに半分をサイコロ状にして冷凍室へ。
あとの半分は自分達で食べなさいよと子供に言ってたのに
未だ放置で、とうに超完熟になって食べれるのか?と。(笑

ちょっと大丈夫みたい。



manpuri4.jpg

一見普通そうに見えるけど柔らかいです。


manpuri6.jpg

材料:マンゴー1個に対して
バニラアイス 80g(末娘のストックのスーパーカップ使用)
ゼラチン大さじ1(大さじ4の80℃の湯で溶く)
プレーンヨーグルト100g


manpuri5.jpg

本家はマンゴーをホイッパーで潰してヨーグルトと混ぜるとありましたが
折角の沖縄マンゴーなので角切りのまま食感を楽しむことにしました。


manpuri3.jpg

溶かしたゼラチンを加え、バニラアイスを混ぜて冷蔵庫へ。

プレーンヨーグルトを使ったのでマンゴーとバニラアイスの甘みのみです。
甘いのがいい方は加糖のヨーグルトを使用するといいでしょう。
大さじ4の湯で大さじ1のゼラチンを溶かすとしてますが、これは少し固めに
仕上がるので柔らかめがいい場合はお湯を増やすといいでしょうね。

マンゴーは沖縄産のものじゃなくてもフィリピンでもメキシコ産でも。
恐ろしく簡単に出来上がりましたよ。

私はかなりアバウトに作ったので本家レシピを記しておきます。
本家レシピは関西ローカルTVのこちらから。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

「極上金かすてら」とタンカンゼリーの話。
恐ろしく寒いです。この五十肩に応えます。(笑
夕方、スーパーに自転車を止めていたのですが、春一番のような突風が
吹荒れてて、自転車が将棋倒しになったもよう。
おじちゃんが1人立ってて、私の自転車が倒れて全ての自転車をなぎ倒し
それを自分が全部起こしたのだとわざわざ報告してくれました。
すませーーん。寒い中、自転車の主を待ってんでもいいのに。(笑





↑画像をクリックすると横浜文明堂さんにとびます。

横浜文明堂さんの逸品「極上金かすてら」のモニターに当選しました。
子供達がカステラが好きで見かければよく買いますが「極上金かすてら」
なんていうすごいネーミングを見て思わず応募しました。
以下は横浜文明堂さんより抜粋です。

極上金かすてらの特徴は、一言でいえば濃厚なカステラ味といえるでしょう。
鶏に与える飼料を養鶏場と特別に結び、直接届けられる安全で新鮮な
極上金かすてら専用の卵を用いています。製造レシピも独特のものであり、
卵白を極端に減じて卵黄で焼き上げたようなカステラです。

この極上金かすてらには、信じられないほどの卵黄が用いられています。
その量は通常のほぼ二倍。卵ではなく卵黄の量が二倍なのです。
それゆえ卵黄の色があまりに濃く、焼き上がったカステラは形が形だけに
まるで金の延べ棒のように見えたのです。
そこで極上金かすてらと名づけられました。

またカステラがふんわりと焼き上がるのには卵白の力によるところが大きい
のですがその卵白が極端に少ないため、この極上金かすてらは熟練を要した
ごく少数の選ばれた職人にしか焼くことができません。
さらに甘さは和三盆糖を加えてコクとしとりのある仕上がりとしました。


末娘は和三盆糖に反応していました。さすが食いしん坊だ。(笑


bun1.jpg

bun2.jpg

金色の包装紙を開けると3切れのカステラが入ってましたが
1切れが普通のものよりかなり大きい。

今まで食べた中で本当に美味しかったカステラのベスト2があります。
ひとつは九州の友達が送ってきてくれた長崎カステラ。
もうひとつは妙な経緯で某食品メーカーが謝罪のために提げてきた
でっかい木箱入りのカステラ。(笑
この「極上金かすてら」はしっとりしてて優しい味に仕上がってます。
甘さが突出せず上品な口当たりは和三盆糖のなせる技でしょうね。
HAL家カステラベストハウス図鑑に載せましょう。
見かけたら是非「極上金かすてら」をご賞味ください。
モニターからのお知らせでした。(笑




tan.jpg

先般、沖縄の叔母から送られてきたタンカンをゼリーにしました。
追熟して果汁が多くなり色んな入れ物に入れております。
果肉を入れたいので濾さずに荒絞りにし、つぶつぶを残しました。

以前、こんな風にゼリーを作った時に料理家のカマタスエコさんに
ブログにコメントをいただいたことがあったのを思い出しました。
カマタさんはちょうど3年前のこの時期に亡くなられました。

私が10年近く前に料理のサイトを立ち上げようとした時、とっても
素敵な料理サイトと出会い、その斬新さに感動して倣いたいと思い
切磋琢磨して慣れぬHTMLと格闘していました。
そのサイトの主がカマタさんでした。
まだサイトもブログも当時のまま残されています。
そして彼女の多くのファンの方が未だに足跡を残されています。
多分、彼女は私と同年代で、お元気でいらっしゃったらまだまだ
意欲的に活躍されたことと思います。
サイトを覗くといつも少し切なくなりますが、残された多くのレシピや
カマタさんが写された美しい写真は今も少しも色あせてはいません。


recipe_blog_1.gif
レシピブログに参加中!
お越しの節は来たよ?の足跡にポチッとクリックお願い致します♡



テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

カテゴリ(未分類を編集中)
My Favorite
最新トラックバック
HALの洗面器内を検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。